相互尊敬

エージェントゲートではそれぞれが個性を発揮し輝ける社会の実現を目指しています。それが私たちの「タレントマネジメント事業」の本質です。つまりダイバシティの実現を目指しているわけですが・・・実現の土台となるのが相互尊敬だと考えています。

多様性って聞こえはよいですが、組織としてはなかなか難しい問題です。いろいろな人材がいれば、それだけ意見の集約/調整は難しくなりますし、ルールも複雑になってきます。話す言語が違ったり、世代などのギャップがあるとコミュニケーションの難易度も格段に上がります。そんな組織が一つになって力を発揮するには、相手との違いを認め、理解し、尊敬することが絶対に必要です。

最も身近な組織である家族でも同じでしょう。旦那さんが「あいつは毎日家でゴロゴロしていて楽でいいな」と考え、奥さんが「あの人は毎日飲んで帰ってきてばっかり」と考えている家庭と・・・旦那さんは「あいつのおかげで毎日気持ちよく仕事をさせてもらっている」奥さんが「毎日朝から遅くまでお仕事お疲れ様」と考えているのと、お互いにどちらが能力を発揮できるのか見るまでもありません。

相互尊敬をするためにも、個性を伸ばしていける会社にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月20日

タレントマネージメント事業

エージェントゲートの事業の中心である人材事業のことをエージェントゲートでは「タレントマネージメント事業」と呼んでいます。その人の持っている才能を引き出し最大限に活用できる場所を提供するというところからそのように読んでいますが、何が違うのでしょう? 今までの人材事業(人材紹介、人材派遣)は過去の経験や実績をもとに企業とマッチングをしてきまし…

続きを読む

2019年8月17日

成功する

誰でもビジネスで成功したくて日々努力を重ねています。でも、努力をしたからといって必ずしも成功するとは限りません。成功する人とできない人の差っていったい何でしょうか? 私は成功する人というのは「成功するまで続けた人」という冗談のような差ではないかと考えています。つまり、挑戦しているといろんな壁があったり、周囲からのアドバイスがあったりして「…

続きを読む

2019年8月6日

This is me

「This is me」は少し前にヒットした映画「グレイテストショーマン」の中で歌われる歌のタイトルです。日本語に訳せば「これが私よ」とでもなるのでしょうか。 映画の中で主人公は見世物小屋(サーカス)を運営します。そのためにユニークな人、変わった人を募集します。アルビノの人だったり、女性でひげが生えていたり、巨人病だったり。変わった人見た…

続きを読む

2019年8月5日

真実(ほんと)の姿

採用サイトやコーポレートサイトで会社のメッセージなどを見かけることがよくあります。私たちもウェブサイトのお手伝いをする際によくそういったコンテンツをご用意します。決してそういうコンテンツを否定するわけではないですが、それ用にたまたまその日、ちょっとカッコつけた内容になったりしないものでしょうか?どこまでが真実で、どこまで本音で話せるもので…

続きを読む