環境変化

私は障碍を持った友人がたくさんいます。皆さんはいかがですか?車いすの友人、視覚聴覚に障碍がある友人などいらっしゃいますか?いままでは社会が僕らを分断してきたので、なかなか交流がありませんでしたが、これからはインクルーシブ(包含)社会がやってくるとエージェントゲートは考えています。だからこそ、私たちは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」というビジョンを掲げているのです。

ダイアログインザダークというイベントがあります。私がいったのはもう10年ほど前になりますが。真っ暗闇の中で公園やうちの中や喫茶店のセットがあり、その中を移動しながらお茶を飲んだりするというイベントです。同時にその場で初めて会った方々6名ほどで参加します。アテンドをしてくれるのは視覚障碍を持った方が行います。暗闇の中、みんな杖をつきながら恐る恐る歩を進めます。なぜか意味ものなくひそひそ声になったりするんですが。その中で一人だけものすごく元気な声で話し、ぐんぐん進んでいく人がいます。「みんなこっちこっち」「噴水があるよ!!」とみんなを引っ張ってくれます。

そう、その人こそ視覚障碍のアテンダントさんです。それはそうですよね。彼女は普段の生活と何も変わらないのですから。夜には電気をつけ、私たちは自分たちが暮らしやすいように環境を変えてきました。その環境が変われば、今度は私たちが何もできなくなるんだと痛感しました。これからやってくるインクルーシブな社会に向けて、それぞれが生きやすい/働きやすい環境をととのえていくのが私たちのミッションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月17日

成功する

誰でもビジネスで成功したくて日々努力を重ねています。でも、努力をしたからといって必ずしも成功するとは限りません。成功する人とできない人の差っていったい何でしょうか? 私は成功する人というのは「成功するまで続けた人」という冗談のような差ではないかと考えています。つまり、挑戦しているといろんな壁があったり、周囲からのアドバイスがあったりして「…

続きを読む

2019年8月6日

This is me

「This is me」は少し前にヒットした映画「グレイテストショーマン」の中で歌われる歌のタイトルです。日本語に訳せば「これが私よ」とでもなるのでしょうか。 映画の中で主人公は見世物小屋(サーカス)を運営します。そのためにユニークな人、変わった人を募集します。アルビノの人だったり、女性でひげが生えていたり、巨人病だったり。変わった人見た…

続きを読む

2019年8月5日

真実(ほんと)の姿

採用サイトやコーポレートサイトで会社のメッセージなどを見かけることがよくあります。私たちもウェブサイトのお手伝いをする際によくそういったコンテンツをご用意します。決してそういうコンテンツを否定するわけではないですが、それ用にたまたまその日、ちょっとカッコつけた内容になったりしないものでしょうか?どこまでが真実で、どこまで本音で話せるもので…

続きを読む

2019年7月28日

どこに向かうのか?

会社としてのビジョンや目標、つまりどこに向かうのかということを明確にしておくことはなぜ必要なのでしょうか?あるいは・・みなさんにとってなぜそれは理解しておくべき重要なことなのでしょう? 想像してみてください・・・皆さんはこれから世界に向けて旅立とうとしている旅人だとします。港に到着すると大小さまざまな船が止まっています。その船から皆さんは…

続きを読む