普通という呪縛

エージェントゲートの緑川や仲間に心から感謝することの一つに「私に対して普通を求めてこない」ということがあります。お前はお前でよいのだと日々の業務の中で常に言ってもらっていることがどれほど心の開放につながっていることか、本当に感謝してもしきれません。

正直なところ私は世の中でいう普通とはかなり縁がありません。髪の毛の半分はブルーで通年で短パン、爪にはマニキュア、目にはカラコン・・・そんな人間が営業をしてるのですからよくぞ許していただいているものだと、こちらの頭が下がります。今までの人生でも、いろいろな場面で「普通の人だったらこうするよ」「なんで普通なことができないの」というようなことをよく言われてきました。「普通」ということばにかなりコンプレックスもありましたし、縛られてきたと言ってもよいでしょう。

普通とは他と比べて変わらないこと、一般的であることをいいます。しかし、普通とはきわめて相対的なものです。日本人にとって海外では普通ではなかったり、つまり、普通とはその人の所属する集団によってかわるのです。国、会社、家庭、学校、宗教など人間はいろいろな組織に所属します。そしてその組織に共通する習慣や文化が普通を定義するのです。だから普通は相対的なものなのです。そう、究極「普通」とは一人一人全く違うものを持っているのです。

エージェントゲートはそれぞれの普通を大事にしていきたいと考えています。なぜなら、なぜなら人は人材という塊でみるものではなく、一人一人の能力や個性を見るものだからです。この考え方の基本こそがエージェントゲートが行うタレントマネージメント事業の本質なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年9月30日

経営アスリート

エージェントゲートの代表緑川は誰と話しているときでも食事の時でもゴルフをしていても車で移動しているときも自宅でテレビを見ているときもとにかくビジネスのことを考えています。これだけビジネスのことを考えていれば、それはチャンスを逃さないだろうと感心させられます。まさにビジネスアスリートです。 以前、武井壮さんの講演でこういう話を聞いたことがあ…

続きを読む

2019年9月15日

情報は劣化する

エージェントゲートのビジョンや理念、魂を発信するメディア「エージェントゲートスピリッツ」ですが、ビジョンや理念については、今まで何度も何度もお伝えしてきました。でも、同じ話をこれからも何度も繰り返し発信します。 同じ話を何度も繰り返すのはなぜでしょう?よく耳にタコができるなんて言いますが、同じ話を何度も聞くのは正直苦痛です。しかし、同じ話…

続きを読む

2019年9月13日

私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。 タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度…

続きを読む

2019年9月12日

ひとつぼし

「ひとつぼし」とは菊田真理子さんという方の書いた絵本のタイトルです。絵本って実は内容的にはいろいろはっとさせられることが多く、大人が読んでも学びになることがあります。 この作品は・・絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずある性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現していま…

続きを読む