1/4の奇跡

先日ある本をお借りする機会がありました。あまりの面白さに一瞬で読みきってしまったのですが、その中に遺伝子をテーマにしたお話が書かれていました。

ある時アフリカのある村でマラリアが大発生して村中の人たちが次々と死んで行ってしまいます。しかし、絶滅はしませんでした。不思議に思ったドクターは生き残った村人の血液を検査してみました。すると・・・あることが分かったのです。通常の赤血球はハンバーグのような形をしているのですが、この村には鎌状赤血球という特殊な形の赤血球を持った人がいたのです。そして、この鎌状赤血球を持った人がマラリアにかからないということがわかりました。更に調べるとその特殊な赤血球をもつ人の1/4の人は障碍を持っていることが分かりました。

もしも障碍を持っている人を排除してしまおうという考えがあり、切り捨ててしまったとしたら・・・他の3/4の人も存在しなかったことでしょう。つまり、この村を救ったのはこの1/4の障害を持った人だというのです。私たちがいま元気に明日に向かって歩いていくことが出来るのは、過去に障碍をもっても努力しながら生活を送ってくれた人がいるおかげだと考えることは出来ないでしょうか?もし、その人たちがいなければ私たちはこの場にいないかもしれません。

いま、私たちが生きている社会にも障碍や病気を背負っている人がたくさんいらっしゃいます。その人たちは、未来の私たちの子孫のためにも私たちが支えていかなくてはならない大切な人なのかもしれません。いやきっとそうに違いありません。この作品は1/4の奇跡という映画にもなっています。映画を観た障碍者の方から「自分は生まれて初めて障碍者に生まれたことを誇りに思いました」という言葉を聴いて。胸が熱くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月21日

夢を持つ

先日ジーブーンさんという会社のセミナーに参加させていただきました。テーマは「夢」について考えるというものでした。私は比較的明確な夢を持っているタイプの人間ですが・・・とはいえ、日々その夢を意識して生きているわけではなかったので、改めて自分の夢を再認識するとともに、その夢を実現した時に社会にどのような貢献ができるのかなどを考える機会をいただ…

続きを読む

2019年8月17日

成功する

誰でもビジネスで成功したくて日々努力を重ねています。でも、努力をしたからといって必ずしも成功するとは限りません。成功する人とできない人の差っていったい何でしょうか? 私は成功する人というのは「成功するまで続けた人」という冗談のような差ではないかと考えています。つまり、挑戦しているといろんな壁があったり、周囲からのアドバイスがあったりして「…

続きを読む

2019年7月9日

創意工夫

創意工夫するとはどういうことでしょう?創意工夫とは「誰も考えなかったことを考えること」です。人は便利な生活の中で創意工夫をしなくなります。皆さんは日常生活の中で、あるいは企業で働く中で「創意工夫」を意識しているでしょうか? 多くの方は日々の仕事を疑問なく進めています。それは同じことを繰り返し行うことでの生産性向上にはつながりますが、慣れに…

続きを読む

2019年6月21日

障碍者の方と働くということ

一般的に障碍者の方に健常者と同じ業務をさせて、同じ生産性を求めるのは酷というものでしょう。では、障碍者の方と働くことにはどんな効果があるのでしょう?単なる法律で課せられた義務として雇用しなくてはいけないのでしょうか? 以前、業務改善コンサルをしている友人にこんなことを聞いたことがあります。一般的に働いている社員はおおよそ30%程度の隙間の…

続きを読む