課題発見力

エージェントゲートで重要視される能力に「課題発見力」があげられます。特に代表である緑川はこの「課題発見力」を重視すると言ってよいでしょう。この課題発見力はしばしば「問題解決力」と混同されてしまいがちですが、実は似ていますが全く違う力になります。

問題解決力とは今現在問題が起こっている状態で、その問題をどう解決するべきかを見つけ出す力です。つまり、現状1000万円の目標だが800万円しか達成できていない。どうすれば1000万円達成できるのか。アポイントの量が足らないのか、アポイントの質が悪いのか、アプローチしている業界がよくないのかなど、いろいろな角度から検証して過去の実績と経験から問題を抽出する。もちろんこれはこれで非常に大事な能力です。

一方で課題発見力は何かというと・・・現在、目標達成している状態だとします。そう、現在何か問題が起こっている訳ではない状態。緑川は、1000万円の目標を無事クリアした状態で思考停止するのではなく、この1000万円は2000万円にできるのではないか?と考え、達成できている状態でもまだ何か課題があるのではないか?という疑問を持ち、その課題を発見し解決していく力を求めます。これこそすなわち課題発見力なのです。

良くない状況をよくしなくてはいけないと考える「問題解決力」とよい状況でも更によくしたいと考える「課題発見力」。未来型思考の課題発見力をエージェントゲートでは大事にしていきます。そのためにも・・まずは最低限、現在がよい状態でないといけませんね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年9月30日

経営アスリート

エージェントゲートの代表緑川は誰と話しているときでも食事の時でもゴルフをしていても車で移動しているときも自宅でテレビを見ているときもとにかくビジネスのことを考えています。これだけビジネスのことを考えていれば、それはチャンスを逃さないだろうと感心させられます。まさにビジネスアスリートです。 以前、武井壮さんの講演でこういう話を聞いたことがあ…

続きを読む

2019年9月9日

自分で考える力

エージェントゲートでは実施するべき答えは、必ずしも正解だとは考えていません。正解よりも大事な答えは自分自身で見つけた答えだからです。「自らたどり着いた解は正解に勝る」というのがエージェントゲートの方針です。 世の中には虎の巻といわれる答えを教えてくれる本が出回っています。ロールプレイングゲームの謎はすべてネットにどうすれば解決できるか書か…

続きを読む

2019年9月7日

口に出す

エージェントゲートの代表である緑川は客先で「1億以下の仕事はしたくないですね」などといったことを言います(笑 私は隣でそんな仕事したことないのによくそんなこと言えるなとハラハラしています。 ある時、緑川に「1億とかよくそんなことが言えますね?」と質問したことがあります。すると彼から「仕事というのは口に出すから実現するのもの。100万円の仕…

続きを読む

2019年9月4日

目標は毎日意識する

エージェントゲートでは3か月に一度社員の面談を行います。代表緑川の「社員の頑張りに対して短期的に報いてあげよう」という意志からこの期間で実施していますが・・・面談する方は結構大変です(笑 面談をしていると気が付くことがいくつかあります。一つは・・・目標が達成できるかできないかは、ほぼ「その目標を意識しているかいないか」で決まるということで…

続きを読む