取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。

そんなことが仕事ができるできないに関係があるかと思う方もいるかもしれませんが・・・仕事も結局のところ人間同士の行うものです。そうした人としての魅力が大きく影響するものと考えても不思議はありません。以前、高校野球で有名だった池田高校の蔦監督という名監督がインタビューを受けているときにこんなことを言っていました。池田高校ともなると(甲子園常連の高校野球部ともなれば)新入部員が100人以上いると。100人以上いればなかなか一人一人に目が行き届くのは難しいくなってくるものですが、それでも将来レギュラーになる子はなんとなくわかると。それは決して技術的なものではないそうです。

池田高校でも新入部員はまず練習の時は球拾いをします。それは決して楽しい作業ではなく、先輩たちの練習のサポートのようなものです。しかし、その球拾いの仕方にすでに違いがあると・・・ある子は面倒そうに落ちているボールを拾っているだけなのに、ある子はボールを拾っては自分のユニフォームで汚れを払い丁寧にかごに戻すと。もちろん、どちらの子が将来レギュラーになるのか言うまでもありません。

もちろん、全員がそうだとは言いません。でも、与えられた仕事を真摯に誠実に取り組む姿勢が、次の新しい仕事につながっていくのは野球も仕事も同じではないかと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月12日

成長と育成

私が大学を卒業し就職したころは今とは働き方もだいぶ違ったので、上司から指示があった場合、今の自分の仕事の状況や指示の難易度はとりあえずさておき・・・「はい、やります!」と答えるようにと指導を受けていました。なぜなら・・・上司は部下の成長が最も評価され、全ての指示は部下である自分のためだと確信しているからです。 私は立場的に若い人と採用面接…

続きを読む

2019年6月1日

いつも見られている

エージェントゲートは全体で230名ぐらいぐらいの組織です。それぐらいの組織になると、自分が意識しようとしまいとちょっとした行動や発言もすべて周囲から見られていると思った方がよいでしょう。それはよいものでも悪いものでも。 先日、ある雑誌の記事で少年院にいる17歳の少年の話が書かれていました。インタビュアーは彼に「なんで罪を犯すようになったの…

続きを読む

2019年5月21日

いいところに目が行く

2日前に「褒める」ということについて記事にしました。人を褒めるのはその人が自分の好きなことを見つけ、得意なことを伸ばしていくことの原点であるというお話です。しかし、特に日本人は褒めるのが苦手です。更に自分が優秀で、切れ者である人は思わず自分と比較したり、欠点が目についたりしてしまうものです。 もし、褒めることが苦手だと思う方がいたとしてら…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む