元氣は価値

よく言われていることですが、企業も生き物も生き残るものは共通の特徴があります。生き残るのは決して大きな企業や生き物でも、強い偉業や生き物でもありません。変化に対応することのできる企業と生き物が「適者生存」で生き残っていくのです。

では、現在の適者とはどのような企業なのでしょう?高度経済成長の時代は物がたくさん売れました。大量生産、大量消費・・つまりものそのものに価値がありました。車、テレビ、冷蔵庫、消費者はまだ持っていないそれらのものが欲しくて一生懸命に働き、お金をためてそれを買いました。では、今はどうでしょう?車、テレビ、冷蔵庫のない家庭がどれだけあるでしょう?もうほとんど物はそろってしまったのです。つまりものには価値はなくなりました。今価値のあるものは「体験」「経験」なのです。その中の一つに「元気」があります。今の世の中元気がありません。元気になれるものは確実に売れます。

例えば・・・東京ディズニーランド 私も尊敬する企業の一つですが、幕張の駅前でこれからディズニーランドに行く人を見て、元気がない人っているでしょうか?(笑 子どもなんかはもう行くだいぶ前からきっと「今年の夏休みはディズニーランドに行ける」ということで元気になっていることでしょう?なぜそうなのか・・それは、そこに行けば自分が元気になると知っているからです。人も同じではないでしょうか?これからの時代きっとこの人と話をすると元気になれる、この人と会って顔を見ているだけで元気になる。そんな人にはものすごく価値があるように思います。

エージェントゲートのメンバーは緑川を筆頭に人を元気にできる人間です。だから会社としてとても価値があると私は感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年7月15日

個性とは

エージェントゲートのビジョンはもう何度も書いてますが「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する 」です。では、個性とは何でしょう?ほかの言い方だとあなたらしさとは何でしょう? あなたの個性ってなんですか?と聞かれて、私の個性はこういうところです・・と胸を張って言う人ってあまり多くないかもしれません。日本は個性を伸ばす教育を推奨して…

続きを読む

2019年6月29日

あきらめの悪い男

エージェントゲートの代表緑川は諦めが悪いことで有名です。諦めが悪いとはどういうことでしょう?逆にすぐに諦める人間を緑川は大嫌いです。「○○をやっておくように」という指示を受けて、「誰誰さんができないといってました」なんて報告しようものなら烈火のごとく怒られます。 人がダメといったからできない・・HPにできないと書いてあるからできないと思い…

続きを読む

2019年6月23日

人を笑わせる

最近、エージェントゲートではお笑い芸人の方とお仕事しているので、先日の社員総会や忘年会などで、芸人の方々が余興をやってくれることが増えています。彼らの人を笑顔にしたいという情熱は本当に頭が下がる思いです。笑う門には福来ると言いますから、人を笑顔にしているということはつまり、人を幸せにしてるということになります。 以前、白川由紀さんという写…

続きを読む

2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む