褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。

小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵について当時の教頭先生である村山先生が数分かけて褒めに褒めてくれたことがありました。構図から色合い、果たして自分はそんなことを意識していたかな?ということまで褒めてくれました。自分の絵だということは確か言われなかった気がしましたが、なんかこそばゆいような気持ちいいような感覚を今でもよく覚えています。そしてそのあとは、また褒めて欲しいなと思いながら絵を描くようになったのです。もしかしたら、今こうしてクリエイティブな仕事ができているのもそれがあったからかもしれません。

人が何かのことを好きになり、得意になっていくプロセスってこういうことなのかなと思います。つまり、最初は両親や先生に褒められる、褒められるのがうれしいからもっと褒められたくてますます頑張る。ますます頑張るから自然に成果が出る。成果が出るから当たり前のように褒められる。これは仕事でも同じで・・上司が褒める、もっと褒められたくて頑張る、頑張るから成果が出る、成果が出るから褒められる。そう・・成長と成果を出す第一歩目は褒められることなのではないでしょうか?

部下の日々の努力を目を向けて、よい部分を見つけては褒めること。エージェントゲートではそんなことを大事にしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月18日

デザイン

エージェントゲートのクリエイティブ事業部にはデザイナーが存在しています。ウェブの制作には欠かせないデザインをデザイナーが行っています。そもそもデザインってなんでしょう? デザインとはwiki的に言えば・・ 審美性を根源にもつ計画的行為の全般を指すものである。意匠。設計。創意工夫。なんのこっちゃよくわかりませんが・・つまり誰がどのように使う…

続きを読む

2019年8月2日

イノベーティブのジレンマ

企業は常に成長し新しいものを生み出し続けていかなくてはいけません。しかし、ともするとその力が変な方向に働いてしまうこともあるようです。 以前、私はタニタさんという会社のお仕事をお手伝いしていました。タニタさんといえば皆さんご存知タニタ食堂のタニタさんです。タニタ食堂で有名になりましたが、国内では圧倒的なシェアをもつ計測器のメーカーさんにな…

続きを読む

2019年7月23日

審美眼

審美眼とは美しいものを見極める力のことをいいます。クリエイティブの仕事にかかわるものの端くれとしてはやはり身に付けたい能力の一つと言えるでしょう。何が美しくて、何は美しくないのか。 そもそも皆さんは何を美しいと感じるでしょう?小説や歌詞の韻律に美しさを感じることもあるでしょう。山の上から見る幻想的な自然に美しさを感じることもありますよね。…

続きを読む

2019年6月12日

成長と育成

私が大学を卒業し就職したころは今とは働き方もだいぶ違ったので、上司から指示があった場合、今の自分の仕事の状況や指示の難易度はとりあえずさておき・・・「はい、やります!」と答えるようにと指導を受けていました。なぜなら・・・上司は部下の成長が最も評価され、全ての指示は部下である自分のためだと確信しているからです。 私は立場的に若い人と採用面接…

続きを読む