当たり前のことはない

エージェントゲートでは毎週月曜日の朝に会社の周辺のゴミを拾う取り組み(Jinboucyou Cleanup Project)も初めて3か月がたちました。3か月続けているといくつか気づくことがあります。その一つをご紹介します。

ゴミを拾っているといくつか、ゴミが全く落ちていないエリアがあることに気が付きます。ここにはみんなごみを捨てないんだなぁーと思っていると、別の日の朝、そのエリアは他の方が掃除をされていることに気が付きます。そう・・よくよく周囲を見渡していると朝早い時間には私の他にもゴミを拾ったり掃除をしている人が多くします。そう、ごみが捨てられないわけではなくきれいなエリアはちゃんとごみ掃除をする人がいるんです。普段生活していて当たり前だと思っていることってたくさんあります。ゴミが落ちてなくきれいな道。走りやすく舗装されている道路。気持ちよく使えるトイレ。

どれ一つとして何の努力もなしに維持できるものではありません。誰かがそれを維持してくれているんです。会社でも同じことです。ゴミ箱にごみが捨てられる。蛍光灯が切れていない。観葉植物が元気に成長している。湯呑がきれい。どれもこれも自然にできているわけではありません。自分はやらずに維持できていることは誰かがやってくれているんです。そう考えると本当に感謝することばかりです。そして、私は私にしかできないことで会社にそして社会に貢献しなくてはいけないなと感じます。

世の中の当たり前と思うことはきっと誰かの努力によって維持されているんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月21日

夢を持つ

先日ジーブーンさんという会社のセミナーに参加させていただきました。テーマは「夢」について考えるというものでした。私は比較的明確な夢を持っているタイプの人間ですが・・・とはいえ、日々その夢を意識して生きているわけではなかったので、改めて自分の夢を再認識するとともに、その夢を実現した時に社会にどのような貢献ができるのかなどを考える機会をいただ…

続きを読む

2019年8月17日

成功する

誰でもビジネスで成功したくて日々努力を重ねています。でも、努力をしたからといって必ずしも成功するとは限りません。成功する人とできない人の差っていったい何でしょうか? 私は成功する人というのは「成功するまで続けた人」という冗談のような差ではないかと考えています。つまり、挑戦しているといろんな壁があったり、周囲からのアドバイスがあったりして「…

続きを読む

2019年7月24日

自己中心的利他

私は「いいことをして儲ける」と決めていますし、エージェントゲートでもいいことして儲けるロールモデルになると決めています。それはもしかしたら、社会貢献っぽく見えているかもしれません。 社会貢献を否定しているわけでも、いい人に見られたくないわけでもありませんが、私自身は自己犠牲で社会に貢献しようという気持ちは微塵もありません。そこは誤解してほ…

続きを読む

2019年5月2日

Jinboucyou Cleanup Project(JCP)経過報告

3月の途中から始めたJinboucyou Cleanup Project(つまるところ会社の近くのゴミ拾い)は初めて一か月半がたとうとしています。デザイン会社ですからせっかくなのでプロジェクトのロゴを作り、そのロゴをTシャツにプリントアプトして、そのTシャツを着て朝の1時間、会社の周辺のゴミを拾います。おおよそ1時間でゴミ袋一つがいっぱい…

続きを読む