心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。

人が意思決定をするには何かしら判断基準がなくては成立しません。人にはそれぞれ物差しがあって・・例えばお昼ご飯に何を食べるのかについて考えると、かけられる時間、食べてもよいカロリー、最近食べたものや食べてないものとのバランス、かけられる予算などを複合的に吟味することで、最終的に何を食べるかの決断をします。大げさですけど(笑 でも、意識しているかしていないかは別として、そういった複雑な判断軸の何を重視するかなどを検討して意思決定を行っているのです。

ビジネスではどうでしょうか?会社の最終意思決定は代表が行います。代表が一日に行う意思決定はものすごい数です。その数を少しでも減らせるように現場が対応できればそれに越したことはありません。人間が一日に意思決定できる数は限界があるというのが、脳科学者の間では定説です。一定の数しか人間は意思決定できないのです。それを超える意思決定は冷静な判断ができなくなります。なので、できるだけ現場で判断ができるものは現場で判断するべきなのです。全ての意思決定を代表にゆだねてしまったら、代表の意思決定の上限を超えてしまうのです。なので、私はビジネスの中では、できるだけ自分で意思決定をします。その際の心の羅針盤は「代表である緑川ならきっとこう判断するはずだ」というものです。

緑川はであれば必ずこう判断するはずだという確信があれば、私はその信念に従って自分で意思決定をします。しかも、その判断がエージェントゲートのビジョンや理念、目標に合致しているのなら、さらに自信をもって自分が意思決定をします。もちろん、意思決定した内容は随時、報告をします。ですから、社員全員が、緑川の考えとエージェントゲートのビジョン理念を頭にしっかりと叩き込み、心の羅針盤とできるのなら非常に意思決定の早い組織になることができると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月17日

成功する

誰でもビジネスで成功したくて日々努力を重ねています。でも、努力をしたからといって必ずしも成功するとは限りません。成功する人とできない人の差っていったい何でしょうか? 私は成功する人というのは「成功するまで続けた人」という冗談のような差ではないかと考えています。つまり、挑戦しているといろんな壁があったり、周囲からのアドバイスがあったりして「…

続きを読む

2019年8月13日

夢を叶える

夢は夜みるものではなく叶えるものとはよく言ったものですが、人生で夢を叶える人は決して多くありません。夢ってどうすればかなえることができるのでしょうか? 以前、面白いボードゲームをやったことがあります。プレーヤーは一人一人目標(夢)が与えられます。例えば・・新薬を開発し世界から難病を根絶するといったように。その夢を叶えるには一定のお金や信頼…

続きを読む

2019年8月5日

真実(ほんと)の姿

採用サイトやコーポレートサイトで会社のメッセージなどを見かけることがよくあります。私たちもウェブサイトのお手伝いをする際によくそういったコンテンツをご用意します。決してそういうコンテンツを否定するわけではないですが、それ用にたまたまその日、ちょっとカッコつけた内容になったりしないものでしょうか?どこまでが真実で、どこまで本音で話せるもので…

続きを読む

2019年8月1日

バランス感覚

エージェントゲートの代表緑川の優れていることの一つにバランス感覚があります。今期で13期続いている経営は彼のこのバランス感覚のおかげといってもよいでしょう。 実は経営は矛盾するもののバランスを取らなくてはいけないことがよくあります。例えば・・「誰の力を借りなくても、絶対に成し遂げるぞ」という強い情熱は当然必要ですが、一方で「自分だけの力で…

続きを読む