PASSION(情熱)

今回はエージェントゲートの行動規範「ACTION×PASSION×QUALITY」のPASSIONについてお話をさせていただきます。
PASSIONとはもちろん情熱です。どの企業でも同じでしょうが、中小ベンチャー企業が大手企業と違って「資金」も「実績」も「信頼」も「知名度」も、何もないものばかりの中。絶対に負けないものが「情熱」だと考えています。

正直な話エージェントゲートのビジネスモデルはものすごく斬新なものではありません。そして働く人もスーパーマンがそろっているわけではありません。でも、会社としては世界に通用する会社だと自負しています。それは働く人間の情熱以外にありません。エージェントゲートは能力や才能よりも圧倒的に情熱を重視します。
世界中の人が個性を発揮して輝く社会を実現したい!その夢を実現して100年後さらに新しい夢を掲げる!
そんな夢を一緒に追いかける情熱を持った仲間と働けていることが何よりも自分たちの誇りです。

松下幸之助は「例えば何としても2階に上がりたいという情熱があれば、はしごというものを思いつく。ところが、ただ何となく上がってみたいなぁと思うだけでは、はしごを考え出すことはない。どうしても、何が何でも2階にいきたい。自分のただ一つの目的は2階にあがることなんだ。という熱意のある人間がはしごを思いつく」といってます。その通りですね。
人間の脳は10%も使われていないとよく言われています。顕在化している才能や能力の差なんて、その10%で争っているにすぎません。だとすれば、残っている限りない潜在能力を引き出す唯一の要素「情熱」によって逆転することなんて簡単なことだとエージェントゲートは信じています。

Comment (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月21日

三十六計逃げるにしかず

孫氏の兵法と同じ究明な兵法書に「三十六計」という兵法書があります。孫氏の兵法よりも広く庶民の中に取り込まれ、いまでも使われているものといえるのではないでしょうか?「三十六計逃げるにしかず」の語源となった書物です。 言葉の通り36通りの戦い方が書かれているのですが。中には女性のスパイを使うとか、馬鹿なふりをするとかちょっと変わったものもあり…

続きを読む

2019年11月20日

限界を壊す

先日、久しぶりに代表の緑川とお酒を飲む機会がありました。やはり彼と飲むのは非常に楽しく、これからの夢やビジョンを語り合うことができました。また、彼と話をしているとすごくいい刺激になるのは私の限界という壁を壊してくれるというところです。 以前にも何度も記事を書きましたが、限界を作り決めるのは他ならぬ自分自身です。こんなことは出来っこない、こ…

続きを読む

2019年11月18日

頑張っても頑張らなくても変わらない?

仕事をしているとたまにこんなことを耳にすることがあります。「頑張ったって、頑張らなくたって給料が変わらないなら頑張るだけ損じゃない?」という言葉です。エージェントゲートではこのような考え方を最も嫌います。 もちろん頑張っても頑張らなくても給与がずっと変わらないのなら、それは会社の評価制度に問題があります。もちろん多くの会社はそうならないよ…

続きを読む

2019年11月17日

ファーストペンギン

ファーストペンギンとはペンギンの修正から生まれた言葉ですが、ビジネスでも使われている言葉です。耳にしたことありますでしょうか? ファーストペンギンとは、率先して海へ飛び込む、勇気あるペンギンのことをいいます。あるとき、新しく狩場となるような氷穴を見つけたとしても、多くのペンギンは、じっと中の様子をうかがうだけで、何もしません。海の中には危…

続きを読む