常に期待以上のものを出す気持ち

エージェントゲートには新卒の社員が今年は3名います。それぞれに個性があり、もうすでに最前線の現場で活躍している姿を見るととても頼もしいです。

新人のころ任される仕事って、まだ重要じゃないものだったりします。もしかしたら、お茶出しとか書類のコピーとかお客様のご案内とか・・・中には「こんな仕事、私じゃなくたってできる、もっとやりがいのある仕事をしたい」と思う人もいるかもしれません。でも、仕事って一つ一つ成果をだして一つ一つやりがいのある仕事を任されるようになっていくものです。いきなりルーキーがそんな仕事を任されるはずがありません。

一つ一つ成果を出すといってもコピーなんて誰がやっても一緒じゃないか、という意見も聞こえてきそうです。でも、コピーでも十分期待以上の成果を出す人もいます。例えば、上司から営業会議でみんなに話をするために、新聞のコピーを頼まれたとしましょう。Aくんはただ、その新聞をコピーします。Bくんは必要な記事の部分を拡大コピーして何々新聞の何月何日、何面の記事だったかをメモしたとします。Cくんは更に関連するネット記事を今日見ていたので、そのネット記事も同じコピーの書類に添付したとします。

誰の仕事が上司から評価を受けるのかは一目瞭然です。コピーしてほしいというのは仕事の本質ではありません。上司の目的はこの情報を各営業マンに共有し、自分の営業に活かしてほしいというのがコピーの目的です。そこを理解していると、仕事の質がぐっと上がります。そして、次回はもう少し重要な仕事を任されるようになっていくのです。指示されたことができればよいのではなく、いかにその依頼の内容を自分で理解して期待以上のものを返したいと思えるのか、そこがポイントです。

Comment (1)
  1. 親松 より:

    本日は私のための文章だと感じました、ありがとうございます。この話を読んで、3人のレンガ職人の話を思い出しました。
    常に仕事の本質を考えて行動することで、どんな仕事でもモチベーションが持てますし、出せる成果の質も高まりますね。
    常に仕事の本質を考える習慣付けます。本日もありがとうございました!

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月21日

三十六計逃げるにしかず

孫氏の兵法と同じ究明な兵法書に「三十六計」という兵法書があります。孫氏の兵法よりも広く庶民の中に取り込まれ、いまでも使われているものといえるのではないでしょうか?「三十六計逃げるにしかず」の語源となった書物です。 言葉の通り36通りの戦い方が書かれているのですが。中には女性のスパイを使うとか、馬鹿なふりをするとかちょっと変わったものもあり…

続きを読む

2019年11月20日

限界を壊す

先日、久しぶりに代表の緑川とお酒を飲む機会がありました。やはり彼と飲むのは非常に楽しく、これからの夢やビジョンを語り合うことができました。また、彼と話をしているとすごくいい刺激になるのは私の限界という壁を壊してくれるというところです。 以前にも何度も記事を書きましたが、限界を作り決めるのは他ならぬ自分自身です。こんなことは出来っこない、こ…

続きを読む

2019年11月18日

頑張っても頑張らなくても変わらない?

仕事をしているとたまにこんなことを耳にすることがあります。「頑張ったって、頑張らなくたって給料が変わらないなら頑張るだけ損じゃない?」という言葉です。エージェントゲートではこのような考え方を最も嫌います。 もちろん頑張っても頑張らなくても給与がずっと変わらないのなら、それは会社の評価制度に問題があります。もちろん多くの会社はそうならないよ…

続きを読む

2019年11月17日

ファーストペンギン

ファーストペンギンとはペンギンの修正から生まれた言葉ですが、ビジネスでも使われている言葉です。耳にしたことありますでしょうか? ファーストペンギンとは、率先して海へ飛び込む、勇気あるペンギンのことをいいます。あるとき、新しく狩場となるような氷穴を見つけたとしても、多くのペンギンは、じっと中の様子をうかがうだけで、何もしません。海の中には危…

続きを読む