心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。

人が意思決定をするには何かしら判断基準がなくては成立しません。人にはそれぞれ物差しがあって・・例えばお昼ご飯に何を食べるのかについて考えると、かけられる時間、食べてもよいカロリー、最近食べたものや食べてないものとのバランス、かけられる予算などを複合的に吟味することで、最終的に何を食べるかの決断をします。大げさですけど(笑 でも、意識しているかしていないかは別として、そういった複雑な判断軸の何を重視するかなどを検討して意思決定を行っているのです。

ビジネスではどうでしょうか?会社の最終意思決定は代表が行います。代表が一日に行う意思決定はものすごい数です。その数を少しでも減らせるように現場が対応できればそれに越したことはありません。人間が一日に意思決定できる数は限界があるというのが、脳科学者の間では定説です。一定の数しか人間は意思決定できないのです。それを超える意思決定は冷静な判断ができなくなります。なので、できるだけ現場で判断ができるものは現場で判断するべきなのです。全ての意思決定を代表にゆだねてしまったら、代表の意思決定の上限を超えてしまうのです。なので、私はビジネスの中では、できるだけ自分で意思決定をします。その際の心の羅針盤は「代表である緑川ならきっとこう判断するはずだ」というものです。

緑川はであれば必ずこう判断するはずだという確信があれば、私はその信念に従って自分で意思決定をします。しかも、その判断がエージェントゲートのビジョンや理念、目標に合致しているのなら、さらに自信をもって自分が意思決定をします。もちろん、意思決定した内容は随時、報告をします。ですから、社員全員が、緑川の考えとエージェントゲートのビジョン理念を頭にしっかりと叩き込み、心の羅針盤とできるのなら非常に意思決定の早い組織になることができると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年9月15日

情報は劣化する

エージェントゲートのビジョンや理念、魂を発信するメディア「エージェントゲートスピリッツ」ですが、ビジョンや理念については、今まで何度も何度もお伝えしてきました。でも、同じ話をこれからも何度も繰り返し発信します。 同じ話を何度も繰り返すのはなぜでしょう?よく耳にタコができるなんて言いますが、同じ話を何度も聞くのは正直苦痛です。しかし、同じ話…

続きを読む

2019年9月13日

私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。 タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度…

続きを読む

2019年9月12日

ひとつぼし

「ひとつぼし」とは菊田真理子さんという方の書いた絵本のタイトルです。絵本って実は内容的にはいろいろはっとさせられることが多く、大人が読んでも学びになることがあります。 この作品は・・絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずある性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現していま…

続きを読む

2019年9月9日

自分で考える力

エージェントゲートでは実施するべき答えは、必ずしも正解だとは考えていません。正解よりも大事な答えは自分自身で見つけた答えだからです。「自らたどり着いた解は正解に勝る」というのがエージェントゲートの方針です。 世の中には虎の巻といわれる答えを教えてくれる本が出回っています。ロールプレイングゲームの謎はすべてネットにどうすれば解決できるか書か…

続きを読む