成功する

誰でもビジネスで成功したくて日々努力を重ねています。でも、努力をしたからといって必ずしも成功するとは限りません。成功する人とできない人の差っていったい何でしょうか?

私は成功する人というのは「成功するまで続けた人」という冗談のような差ではないかと考えています。つまり、挑戦しているといろんな壁があったり、周囲からのアドバイスがあったりして「もうそろそろやめてもいいよ」というタイミングが何度も訪れます。そこで挑戦を辞めても誰も非難しません。むしろ今までよく頑張ったねとねぎらってくれることでしょう。そんな誘惑に打ち勝ち、努力し続けることができた一握りの人だけが成功という栄誉を勝ち取ることができるのです。

カーネルサンダースさんがフライドチキンのレシピを1009回いろいろなところに売り込みに行って断られたことは結構有名です。当時、カーネルおじさんは65歳・・年金でガソリンを買って車の中で生活しながらそれをつづけたというのですから、もはや努力なんて生易しい言葉では片づけられませんね。それに比べれば私の努力なんてまだまだです。

エージェントゲートのビジョン「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する 」ために私は粘り強くあきらめずに努力し続けることを約束します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年9月15日

情報は劣化する

エージェントゲートのビジョンや理念、魂を発信するメディア「エージェントゲートスピリッツ」ですが、ビジョンや理念については、今まで何度も何度もお伝えしてきました。でも、同じ話をこれからも何度も繰り返し発信します。 同じ話を何度も繰り返すのはなぜでしょう?よく耳にタコができるなんて言いますが、同じ話を何度も聞くのは正直苦痛です。しかし、同じ話…

続きを読む

2019年9月13日

私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。 タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度…

続きを読む

2019年9月12日

ひとつぼし

「ひとつぼし」とは菊田真理子さんという方の書いた絵本のタイトルです。絵本って実は内容的にはいろいろはっとさせられることが多く、大人が読んでも学びになることがあります。 この作品は・・絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずある性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現していま…

続きを読む

2019年8月31日

誰かのために

人は生まれてきたからには誰かの役に立ちたいと考えるものです。自分のためだけに頑張れる人も中に入るかもしれませんが・・・やはり、誰かの役に立ち、その人から「ありがとう」といってもらえる方が頑張れるのではないでしょうか? しかし実際は「誰かのために何かをしたい」と考えても何をしたらよいのかわからない場合も少なくありません。いったい自分は何をす…

続きを読む