成果の法則

尊敬する経営者の一人に船井総研の船井幸雄さんがいらっしゃいます。船井さんの書籍はほとんど読みました。たくさんの学びがありましたが、その中に成果の法則について書かれている部分があったのを記憶しています。厳密には「成果と意識の法則」とでもいうのでしょうか。

仕事の成果については以下のような法則があるというものです。仕事は指示を受けて、やらされている場合の成果を1とした場合。なぜその仕事をやらなくてはいけないのか?つまりその仕事の意味を正しく理解すると成果が1.6倍になると船井さんは言ってます。上司の指示あるいは先生の指示でトイレの掃除をした場合、なんで俺がトイレ掃除なんてしなくちゃいけないんだ・・めんどくさいな。と思ってやる場合の成果が1なら。トイレがきれいなら働く仲間やいらっしゃるお客さんがトイレを気持ちよく使うことができて、生産性が高まるから自分はトイレを掃除している。と思ってやれば成果が1.6倍になるということですね。

さらに言えば・・・自ら進んでやった場合はその1.6倍=2.56倍に成果はなるようです。指示されていやいややる:やる意味を理解してやる:自ら進んでやる=1:1.6:2.56ということですね。

エージェントゲートではできるだけやりたいと思う仕事をやるようにしています。そう聞くと生意気に聞こえますが、なぜならやりたい仕事だからこそ、自ら進んで取り組むことができ、それがお客様への成果につながるからに他なりません。

Comment (1)
  1. wpmaster より:

    いつも学びの深いお話ありあがとうございます!どれも楽しく読ませていただきました。
    確かにその仕事の意味まで考えて仕事をすれば、やらされ感で仕事するより、視野が広がりより良い成果が出せますね。
    これからも投稿楽しみにしています!

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月21日

三十六計逃げるにしかず

孫氏の兵法と同じ究明な兵法書に「三十六計」という兵法書があります。孫氏の兵法よりも広く庶民の中に取り込まれ、いまでも使われているものといえるのではないでしょうか?「三十六計逃げるにしかず」の語源となった書物です。 言葉の通り36通りの戦い方が書かれているのですが。中には女性のスパイを使うとか、馬鹿なふりをするとかちょっと変わったものもあり…

続きを読む

2019年11月20日

限界を壊す

先日、久しぶりに代表の緑川とお酒を飲む機会がありました。やはり彼と飲むのは非常に楽しく、これからの夢やビジョンを語り合うことができました。また、彼と話をしているとすごくいい刺激になるのは私の限界という壁を壊してくれるというところです。 以前にも何度も記事を書きましたが、限界を作り決めるのは他ならぬ自分自身です。こんなことは出来っこない、こ…

続きを読む

2019年11月18日

頑張っても頑張らなくても変わらない?

仕事をしているとたまにこんなことを耳にすることがあります。「頑張ったって、頑張らなくたって給料が変わらないなら頑張るだけ損じゃない?」という言葉です。エージェントゲートではこのような考え方を最も嫌います。 もちろん頑張っても頑張らなくても給与がずっと変わらないのなら、それは会社の評価制度に問題があります。もちろん多くの会社はそうならないよ…

続きを読む

2019年11月17日

ファーストペンギン

ファーストペンギンとはペンギンの修正から生まれた言葉ですが、ビジネスでも使われている言葉です。耳にしたことありますでしょうか? ファーストペンギンとは、率先して海へ飛び込む、勇気あるペンギンのことをいいます。あるとき、新しく狩場となるような氷穴を見つけたとしても、多くのペンギンは、じっと中の様子をうかがうだけで、何もしません。海の中には危…

続きを読む