誰もの考えが、全体から見れば一部だけ正しい

人が複数人集まれば意見はそれぞれに食い違います。エージェントゲートは250名の組織です、それぞれに今まで生きてきた人生があり、考え方が違います。しかし、誰かが正しくて、誰かが間違っているという分け方は適切ではなく・・「全ての人の意見は全体からみると一部だけ正しい」とエージェントゲートでは考えます。

全ての人の意見は全体から見れば一部だけ正しいとはどういうことでしょうか?ここに目が見えない6人の人がいたとします。その人たちの前には象がいて、象とはどんな生き物なのか聞いてみたとします。
1人はお腹をなでて、象とは「壁」のような動物だ、と言います。
1人は鼻をなでて、象とは「太い蛇」のような動物だ、と言います。
1人は耳をなでて、象とは「うちわ」のような動物だ、と言います。
1人は足をなでて、象とは「木の幹」のような動物だ、と言います。
1人は牙をなでて、象とは「槍」のような動物だ、と言います。
1人は尻尾をなでて、象とは「ロープ」のような動物だ、と言います。

それぞれが自分の考えが正しいと主張し、お前は間違っていると言い張ります。いかがでしょう?みんなバカだな、自分は目も見えるしそんなことはないと思われるかもしれませんが。こういったことはよく身近に起こることなのです。彼らの主張は誰一人として間違ったことは言っていません。しかし、その事実は全体からみると一部に過ぎないということです。

誰かが自分には理解できないことをしたとします。なんでそんなことするのか?そんなことをするのは間違っている・・ではなく、きっと何かしらの考えがあってそうしたのだろうと受け止める。相手の違いを認め、受け止めることこそエージェントゲートが目指すダイバシティです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月2日

強みを活かす

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」です。個性を発揮するということはつまり、その人の強みを活かして働くという意味でもあります。 その人の強みを活かして働くので、当然成果も出ますし、成果が出るので周囲からも必要とされ感謝されます。そういう社会を実現したいのです。「働き方改革」が叫ばれ、生産性の向…

続きを読む

2019年10月24日

チームだからこそ面白い

エージェントゲートの代表である緑川をはじめ、多くの経営者は起業するくらいなのでとても優秀であることが大前提です。優秀の種類にはいろいろありますが・・・一人で稼げば恐らく何千万円も稼げる人が多いことでしょう。 しかし、たとえ収入が下がろうとも彼らは起業して組織を作ります。そして組織で成功を目指していきます。エージェントゲートももちろん今は2…

続きを読む

2019年10月19日

Hair we go

エージェントゲートのビジョンは「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」 だということは、これまでにも何度もこのブログで紹介してきました。それは会社として多様性をできるだけ認め、社会に広げていきたいという思いの表れでもあります。 「Hair we go」とはP&Gさん(パンテーン)が行っているキャンペーンの名称です。「さあ、い…

続きを読む

2019年10月18日

いろいろな顔

「裏表がある」とか「裏表がない」とか「表の顔」「裏の顔」という言葉があります。そう、人間には当たり前ですがいろいろな側面があるのです。人は神様ではありません、どんなにやさしい人でもイライラすることがあれば、ものすごく仕事のできる人だってちょっとおっちょこちょいな側面を持っています。 先日、エージェントゲート代表の緑川とたまたま出張で新幹線…

続きを読む