いいことをすればするほど儲かる社会

私は世の中のために社会的な課題を解決し、いいことをすればするほど儲かると信じています。利益が出ている会社がその儲けの中からいいことをするのではなく、いいことをするから儲かるという順番だと信じているということです。ちょうど、いいことがあったから笑うのではなく、笑顔でいるからこそいいことが起こる(笑う門には福来る)と同じようなものです。

それを証明するためにもエージェントゲートで社会的な課題を解決し、エージェントゲートが儲かる会社にする必要があると考えていますし。個人としても、社会的な課題を解決しながら儲かる人物にならなくてはいけない(ロールモデルにならなくてはいけない)と考えています。もし、エージェントゲートや私がいいことをして儲けているロールモデルになることができれば。世の中の「もっとお金が欲しい!!」「儲けて、いいところに住み、美味しいものを食べたい」「会社の売り上げを上げたい」と考えている若者や経営者がどう考えるでしょう?

最近儲かっている人、お金持ちの人ってどんな人なんだろう?エージェントゲートが儲かっているらしい。エージェントゲートの社員の人はずいぶん給料がいいらしい・・・そうか、いいことをしているから儲かるんだ。ということに気が付きます。すると、先を争うようにいいことをし始めるのではないでしょうか?ライバルよりもっといいことをしよう!!そうすることで、もっと儲かる(お金持ちになれる)に違いないと。

世の中の会社や若者が、そうして誰よりも一生懸命に「いいこと」をする社会になったら。社会はきっといい方向に進むのではないかと私は思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月28日

見える世界と見えない世界

世の中には目に見えるものと見えないものが存在します。人間でいえば体は目に見えますが心は目に見えません。 エージェントゲートは5月が決算になりますのでちょうど今は決算の最後の追い込みと、来季に向けての目標設定などを日々行っているところです。会社の経営において目に見えるものとは・・売上、利益、従業員の人数、実績などになります。そして目に見えな…

続きを読む

2019年3月18日

社会の課題は誰が解決するのか?

エージェントゲートは社会の課題を解決しながら世の中のどの会社よりも高収益な会社のロールモデルになることを目標としています。私たちがそうなることで、世の中の経営者が「儲けるにはどうしたらよいのだろう」と考えたときに「そうか、エージェントゲートのように社会にいいことをすれば儲かるんだ」と思ってくれれば、いろいろな企業が先を争うように社会の課題…

続きを読む

2019年2月19日

ロールモデルを作り出す

エージェントゲートは一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現することをビジョンに掲げています。一人一人が個性を発揮して働くというのはまだ少し夢物語(きれいごと)に聞こえてしまいます。年齢やジェンダー、障碍、国籍などにかかわらず個性が発揮できる職場ってどうすれば実現できるのでしょう? 私の親が新入社員として働いていたころ・・50年、60…

続きを読む