胸を張る

仕事をしていればつらい時期、結果がなかなか出ない時期が誰にでもあります。そんなときは誰でもうつむき気味になり、背中が丸まってしまうものです。

でも、その姿勢が余計に成果から遠ざけるという事実をご存知でしょうか?そう・・笑顔と同じです。笑う門には福来る、いいことがあるから笑顔になるのではなく、笑顔だからいいことが起こるのと同じです。笑顔でいることがビジネス上それだけで成果につながりやすいのと同じで、胸を張っているということがビジネス上意味があるのです。

ですから、成果が出ているときは意識していませんが、成果が出ない時こそ胸を張り笑顔でいることを意識するのが大事なのです。そう考えると、笑顔でも胸を張るでも、ポジティブな発言をするでも・・全ては結果に応じて起こす行動ではなく、どのような状況でも自らの選択でする行動なのだということがわかります。

エージェントゲートはどんな時でも前を向き、胸を張り、笑顔でポジティブでいることを約束します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月30日

ポジティブに変換する

人の行動を変容したいと考えたとき、命令して変容させるというのも一つの方法ではあります。しかし、変容させられた行動は目の届かないところでは元に戻り、なかなか本質的な解決にはつながりません。 そこで・・・命令するのではなく、自らそうしたくなるような設計をすることで行動を変容させるという方法があります。例えば、アフリカではいろいろな病気が流行っ…

続きを読む

2019年10月15日

成長の4つの段階

以前セミナーで物事ができるようになるのは4つの段階があると聞いたことがあります。この考え方には二つの軸があります。一つ目の軸は「意識」、二つ目の軸が「能力」です。 まず第一歩は「無意識/無能」という段階です。つまり、知らないしできないという段階です。知りもしないのだからもちろんできるはずもありません。その次の段階が「有意識/無能」という段…

続きを読む

2019年9月29日

笑顔の力

人間の感情は顔に現れます。悲しみ、怒り、喜び、苦しみ、楽しさ・・・すべてその人の表情をみれば、なんとなく伝わるものです。しかし、ビジネスマンとして大人として、感情をそのまま顔に出しているのであれば、それは排泄行為と同じではないでしょうか? 「笑う門には福来る」笑顔になるのはいいことがあったからではありません。笑顔だからこそ、いいことが起こ…

続きを読む

2019年9月5日

どちら側から見るのか

物事には必ず陽の側面と陰の側面があります。エージェントゲートが大事にしているのは物事の陽の側面、サニーサイドに注目することだと以前の記事で書きました(過去記事:サニーサイドに注目する)。 それは表現でも同じです。メジャーリーグのスーパースターイチロー選手は不滅の金字塔である年間最多安打262本を記録した年、打率が.372でした。もうプロ野…

続きを読む