夢を叶える

夢は夜みるものではなく叶えるものとはよく言ったものですが、人生で夢を叶える人は決して多くありません。夢ってどうすればかなえることができるのでしょうか?

以前、面白いボードゲームをやったことがあります。プレーヤーは一人一人目標(夢)が与えられます。例えば・・新薬を開発し世界から難病を根絶するといったように。その夢を叶えるには一定のお金や信頼などが必要になります。そのお金を自分のターンで稼いでいきます。他のプレーヤーとは仕事を奪い合うライバルです。1円でも高い金額で入札したプレーヤーがその仕事を受注します。しかしゲームを進めていくうちに何か違和感を感じ始めます。

違和感の正体は・・自分の夢を実現しようと思ったらライバルの夢の実現を応援する必要があるということです。なので、途中からあなたの夢は何ですか?その実現のために私にできることはありませんか?ということをしきりに聞き始めます。実際に私の参加したゲームでは6名のプレーヤーがいて、5名の夢が実現しましたが。ただ一人夢が実現しなかったのは「あなたの夢はなんですか?」という質問ではなく「私の夢は○○です、実現するためにこれをください」といい続けているプレーヤーでした。

それが全てだとは言いませんが。そのゲームの教訓は「自分の夢をかなえたいのなら、周囲の夢を叶えるために行動しなさい」ということだったのでしょう。緑川もよく「自分が働く目的は社員の夢を叶えることだ」といいます。社員の夢を叶えることが自分の夢を実現する最短距離だと考えているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年10月18日

いろいろな顔

「裏表がある」とか「裏表がない」とか「表の顔」「裏の顔」という言葉があります。そう、人間には当たり前ですがいろいろな側面があるのです。人は神様ではありません、どんなにやさしい人でもイライラすることがあれば、ものすごく仕事のできる人だってちょっとおっちょこちょいな側面を持っています。 先日、エージェントゲート代表の緑川とたまたま出張で新幹線…

続きを読む

2019年10月17日

執着を捨てる

必死に頑張っているのに結果が出ないことってあります。頑張れば頑張るほどに余計に結果から遠ざかっているようにも感じてしまいます。周囲を見ても自分ほど頑張っている人はいない、でも、結果は周囲の方が出している・・そうなるともう打つ手がないように感じてしまいます。 そんなときは努力の方向(やり方、考え方)が間違っているとしか言えません。しかし、必…

続きを読む

2019年9月30日

経営アスリート

エージェントゲートの代表緑川は誰と話しているときでも食事の時でもゴルフをしていても車で移動しているときも自宅でテレビを見ているときもとにかくビジネスのことを考えています。これだけビジネスのことを考えていれば、それはチャンスを逃さないだろうと感心させられます。まさにビジネスアスリートです。 以前、武井壮さんの講演でこういう話を聞いたことがあ…

続きを読む

2019年9月9日

自分で考える力

エージェントゲートでは実施するべき答えは、必ずしも正解だとは考えていません。正解よりも大事な答えは自分自身で見つけた答えだからです。「自らたどり着いた解は正解に勝る」というのがエージェントゲートの方針です。 世の中には虎の巻といわれる答えを教えてくれる本が出回っています。ロールプレイングゲームの謎はすべてネットにどうすれば解決できるか書か…

続きを読む