限界を壊す

先日、久しぶりに代表の緑川とお酒を飲む機会がありました。やはり彼と飲むのは非常に楽しく、これからの夢やビジョンを語り合うことができました。また、彼と話をしているとすごくいい刺激になるのは私の限界という壁を壊してくれるというところです。

以前にも何度も記事を書きましたが、限界を作り決めるのは他ならぬ自分自身です。こんなことは出来っこない、これぐらいができるギリギリだろう。そんなことを考えるのは自分以外誰でもありません。その手のたとえ話もたくさん知っています・・・「像が小さなうちに気の杭に鎖でつながれていると、大きくなってもうとっくにそんな杭は引き抜いて動けるのに動こうとしない」とか「蚤のサーカスの蚤はさかさまにしたグラスの中で育てられ、自然にそのコップの底までしか飛ばなくなる」とか「水槽に透明の壁を作ると、壁をとっても反対側には金魚が行こうとしない」などなど。

限界を自らが作ってしまうたとえ話はまだまだたくさんあります。それは、どれだけ気を付けていても無意識で限界を創るのが人間だからなのでしょう。私も当然その一人です。かなり意識をしているつもりですが、それでも気が付かないうちに自分のできる範囲を決めてしまって、できることをするようになっています。それを緑川と話をすることで、彼が壊してくれるのです。はた目には無茶な注文をされているようにしか見えないかもしれませんが(笑

自分自身で作った壁を自分自身で壊すのは容易なことではありません。定期的に誰かに壊してもらうというのは非常に大事なことだなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月23日

与えることだけ考える

エージェントゲートのM取締役は管理部門の責任者で経理、総務から人事などエージェントゲートのバックオフィスをすべて取りまとめ、しきっています。 しかし、もともとは緑川と同じ会社の非常に優秀な営業マンだったことはあまり知られていません。緑川と出会い、営業では彼に勝てるはずがないということで、管理部門の責任者を担当しています。彼の社内勉強会に何…

続きを読む

2019年11月13日

善因善果、悪因悪果

誰でも良い人生になることを祈って日々の生活を行っています。仕事で成果も出したいですし、彼氏・彼女ともうまくやっていきたい。当然のことです。 仏教用語で「善因善果、悪因悪果」という言葉があります。因とは「行動」のことです。果とは「運命」のことを言います。善い行いをすればよい運命が、悪い行いをすれば悪い運命が訪れるということです。種をまきその…

続きを読む

2019年11月9日

相手の立場で考える

子供のころからきっと皆さんもよく言われてきたのではないでしょうか?「もっと相手の立場になって考えなさい」「やられて嫌なことは人にやってはいけません」などなど。人とのコミュニケーションをとる上で相手の立場で考えるというのは非常に大事なことですが、なかなか実践は難しいものです。 エージェントゲートのメインの事業は人材事業です。毎日のように求職…

続きを読む

2019年11月3日

気が付く

先日お客さまとの会食がありました。私が「このお店素敵だな」と思うことに、もちろん料理の味はありますが、接客のレベルというのがあります。私だけでなく多くの人がそうでしょう。どんなところでそのレベルを判断しているかといえば「気が付くか、気が付かないか」ではないでしょうか? お客さんはお話に夢中になっている、でも飲み物ももうそろそろなくなりかけ…

続きを読む