目標は毎日意識する

エージェントゲートでは3か月に一度社員の面談を行います。代表緑川の「社員の頑張りに対して短期的に報いてあげよう」という意志からこの期間で実施していますが・・・面談する方は結構大変です(笑

面談をしていると気が付くことがいくつかあります。一つは・・・目標が達成できるかできないかは、ほぼ「その目標を意識しているかいないか」で決まるということです。振り返ってみて、目標達成できなかった人は、その目標を立てたことすらほとんど覚えていません。面談の時に前回の面談のシートを見て、初めて「あっそうだ、こんな目標そういえば立てたな」と感じる人は目標達成できていません。当たり前ですけどね。

なので、目標達成するための第一歩として目標を書き込んだ面談シートを毎日必ず目にするところに貼っておくということをお勧めしたい。自宅のトイレでもよいです。デスクのクリアシートの下でもいいです。パソコンのデスクトップでもいい。毎日、必ず目にして、そうだ自分のこの三か月の目標はこれなんだと意識するだけでかなり達成の可能性が高まると私は考えています。

本気で目標達成をしたいと考えているのなら是非実践してみてください。目標達成とは、できるかできないではなく、やるかやらないかだということに気が付くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年9月9日

自分で考える力

エージェントゲートでは実施するべき答えは、必ずしも正解だとは考えていません。正解よりも大事な答えは自分自身で見つけた答えだからです。「自らたどり着いた解は正解に勝る」というのがエージェントゲートの方針です。 世の中には虎の巻といわれる答えを教えてくれる本が出回っています。ロールプレイングゲームの謎はすべてネットにどうすれば解決できるか書か…

続きを読む

2019年9月7日

口に出す

エージェントゲートの代表である緑川は客先で「1億以下の仕事はしたくないですね」などといったことを言います(笑 私は隣でそんな仕事したことないのによくそんなこと言えるなとハラハラしています。 ある時、緑川に「1億とかよくそんなことが言えますね?」と質問したことがあります。すると彼から「仕事というのは口に出すから実現するのもの。100万円の仕…

続きを読む

2019年9月2日

小さなことを重ねるのがとんでもないところに行くただ一つの道

タイトルはイチロー選手が年間最多数安打を記録した時のインタビューで言った言葉(だったような気がします)です。一年間で262本というのは野球好きの人なら少しイメージできるかもしれませんが・・・もう尋常じゃない数字です。10年連続200安打以上という数字もですけどね。 イチロー選手の残した数々の記録は恐らくメジャーリーグの歴史に残ることでしょ…

続きを読む

2019年8月29日

人生の納得感

先日、生きていくには「夢」を持つことがとても大事だということを記事で書きました。夢を持つことによって生きていく目標が定まり、生きていることに意味が生まれ、幸福感を感じることができるのです。 夢を持つことはとても大事ですが、夢を叶えることだけが幸せなわけではありません。もちろん夢はかなうに越したことはないです。でも、夢を叶えることだけが幸せ…

続きを読む