ひとつぼし

「ひとつぼし」とは菊田真理子さんという方の書いた絵本のタイトルです。絵本って実は内容的にはいろいろはっとさせられることが多く、大人が読んでも学びになることがあります。

この作品は・・絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずある性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現しています。それは一般的にはもしかしたら特技と呼ばれますが、誰しも特技ばかりがきらきら光っているわけではありません。思いやりの心だって、その子にしかない立派で素敵なひとつぼしです。お父さんやお母さんも人間です。どれだけわが子が好きだと言っても「うちの子、他の子に比べるとおしゃべりがそんなに上手じゃないな…字もまだ読めないし書けないし…走るといつもびりだな…思ったことを口に出して言えないな…」そんなことを考えたりすることがあるでしょう。

悪いところばかりに目がいきがちで、素敵できらきらした部分に目が向いていないこともしばしばあるのではないでしょうか。今すぐじゃなくてもいつの日か、その子が持っているとっておきの個性を活かせるときまで、好きなことが見つかるまで温かく見守れる大人でありたいと改めて気づかされる絵本です。 会社は利益を追求する組織で家族ではありません。社員のひとつぼしが輝くその日まで、のんびりと待つわけにはいかないのかもしれません。しかし、仕事の上でもかならず一人一人が発揮する個性があり、その個性を活かすことが会社の利益に最もつながることだと私は信じています。

上司は部下のひとつぼしを見つけて伸ばす工夫をしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月7日

エージェントゲートスピリッツ祝1周年!!

2018年11月にエージェントゲートのビジョンや理念、会社の雰囲気や仲間を紹介するために書き始めた「エージェントゲートスピリッツ」ですが、めでたく1周年を迎えることになりました。 1年で書かせていただいた記事数は320件ほどで、土日を含めて9割ぐらいは更新をしていたことになります。今回は一年を振り返って、この一年間続けられた秘訣を考えてみ…

続きを読む

2019年11月2日

強みを活かす

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」です。個性を発揮するということはつまり、その人の強みを活かして働くという意味でもあります。 その人の強みを活かして働くので、当然成果も出ますし、成果が出るので周囲からも必要とされ感謝されます。そういう社会を実現したいのです。「働き方改革」が叫ばれ、生産性の向…

続きを読む

2019年10月28日

ロゴマーク

企業のロゴマークは企業の理念やビジョンを表現する一つのツールであると言えます。私も今まで多くの企業のロゴやステイトメントの作成に携わってきました。 エージェントゲートのロゴマークは赤く左右に開くゲートをイメージしています。当然、社名から連想してということもありますが・・このロゴマークが創られた数年前、エージェントゲートは非常に厳しい経営危…

続きを読む

2019年10月27日

不可能の反対

3日前の10月24日はアメリカ初の黒人メジャーリーガーであるジャッキーロビンソンの命日です。あまり知っている人はいないと思いますが・・実はメジャーリーグの全球団で永久欠番になっている背番号があるんです。永久欠番とは、その背番号はもう誰もつけられないという番号です。背番号42番、その永久欠番こそジャッキーロビンソンその人の背番号なのです。 …

続きを読む