私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。

タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度ご紹介します。

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速く走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

最後の部分で金子みすゞさんは鈴と小鳥とそれから私と書かれています。個性の尊重は素晴らしいが、それは、ともすれば「私が私が」というわがままの助長につながりかねません。タイトルでは最初にいた「私」をあえて一番最後に持ってくることによって、個性に優劣などない、まずは相手があって、そして私があるということを語っているように思うのです。エージェントゲートが目指すダイバシティーな世の中も、お互いに「私」ばかりを主張し合う社会ではなく、個性は活かすが相手を尊重し合える、そんな世の中にしたいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年9月15日

情報は劣化する

エージェントゲートのビジョンや理念、魂を発信するメディア「エージェントゲートスピリッツ」ですが、ビジョンや理念については、今まで何度も何度もお伝えしてきました。でも、同じ話をこれからも何度も繰り返し発信します。 同じ話を何度も繰り返すのはなぜでしょう?よく耳にタコができるなんて言いますが、同じ話を何度も聞くのは正直苦痛です。しかし、同じ話…

続きを読む

2019年9月12日

ひとつぼし

「ひとつぼし」とは菊田真理子さんという方の書いた絵本のタイトルです。絵本って実は内容的にはいろいろはっとさせられることが多く、大人が読んでも学びになることがあります。 この作品は・・絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずある性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現していま…

続きを読む

2019年8月31日

誰かのために

人は生まれてきたからには誰かの役に立ちたいと考えるものです。自分のためだけに頑張れる人も中に入るかもしれませんが・・・やはり、誰かの役に立ち、その人から「ありがとう」といってもらえる方が頑張れるのではないでしょうか? しかし実際は「誰かのために何かをしたい」と考えても何をしたらよいのかわからない場合も少なくありません。いったい自分は何をす…

続きを読む

2019年8月24日

努力し続ける才能

エージェントゲートのビジョンは「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する 」です。荒唐無稽な夢物語とまだ思われてるかもしれませんが・・社員一同真剣に実現に向けて努力をしています。 人にはいろいろな才能があります。だからこそ、このビジョンが成立するわけですが・・・私が才能として最強だと考えているのは「努力し続けることができる才能」…

続きを読む