私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。

タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度ご紹介します。

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速く走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

最後の部分で金子みすゞさんは鈴と小鳥とそれから私と書かれています。個性の尊重は素晴らしいが、それは、ともすれば「私が私が」というわがままの助長につながりかねません。タイトルでは最初にいた「私」をあえて一番最後に持ってくることによって、個性に優劣などない、まずは相手があって、そして私があるということを語っているように思うのです。エージェントゲートが目指すダイバシティーな世の中も、お互いに「私」ばかりを主張し合う社会ではなく、個性は活かすが相手を尊重し合える、そんな世の中にしたいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年11月7日

エージェントゲートスピリッツ祝1周年!!

2018年11月にエージェントゲートのビジョンや理念、会社の雰囲気や仲間を紹介するために書き始めた「エージェントゲートスピリッツ」ですが、めでたく1周年を迎えることになりました。 1年で書かせていただいた記事数は320件ほどで、土日を含めて9割ぐらいは更新をしていたことになります。今回は一年を振り返って、この一年間続けられた秘訣を考えてみ…

続きを読む

2019年11月2日

強みを活かす

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」です。個性を発揮するということはつまり、その人の強みを活かして働くという意味でもあります。 その人の強みを活かして働くので、当然成果も出ますし、成果が出るので周囲からも必要とされ感謝されます。そういう社会を実現したいのです。「働き方改革」が叫ばれ、生産性の向…

続きを読む

2019年10月30日

誰もの考えが、全体から見れば一部だけ正しい

人が複数人集まれば意見はそれぞれに食い違います。エージェントゲートは250名の組織です、それぞれに今まで生きてきた人生があり、考え方が違います。しかし、誰かが正しくて、誰かが間違っているという分け方は適切ではなく・・「全ての人の意見は全体からみると一部だけ正しい」とエージェントゲートでは考えます。 全ての人の意見は全体から見れば一部だけ正…

続きを読む

2019年10月28日

ロゴマーク

企業のロゴマークは企業の理念やビジョンを表現する一つのツールであると言えます。私も今まで多くの企業のロゴやステイトメントの作成に携わってきました。 エージェントゲートのロゴマークは赤く左右に開くゲートをイメージしています。当然、社名から連想してということもありますが・・このロゴマークが創られた数年前、エージェントゲートは非常に厳しい経営危…

続きを読む