2019年12月6日

やったことなくてもやる

仕事をしているとやったことないことを依頼されることってあります。そんなとき選択するのは二つ「その仕事はやったことないのでご迷惑をおかけしたくないから辞退する」と言うのか「その仕事はやったことないので、是非とも取り組んでみたい」と言うのかです。 もちろん無謀な挑戦を推奨するわけではないですが、エージェントゲートとしては是非挑戦をしてほしいと…

続きを読む

2019年12月1日

仕事を楽しむ

皆さんは今の仕事を楽しいと感じているでしょうか?人生の中で仕事をする時間はかなりの割合を占めています。その時間がつらいもので、毎日会社に行くのが苦痛だとするのなら・・・これほどぞっとすることはありません。 おかげさまで私の場合は周囲の協力を得て、本当に自分の好きな仕事をさせてもらっているので、毎日が非常に楽しく働けています。実は学生の頃「…

続きを読む

2019年11月30日

ポジティブに変換する

人の行動を変容したいと考えたとき、命令して変容させるというのも一つの方法ではあります。しかし、変容させられた行動は目の届かないところでは元に戻り、なかなか本質的な解決にはつながりません。 そこで・・・命令するのではなく、自らそうしたくなるような設計をすることで行動を変容させるという方法があります。例えば、アフリカではいろいろな病気が流行っ…

続きを読む

2019年11月29日

自己肯定感

エージェントゲートが目指している「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」とは働く一人一人が自己肯定感を持ち、まず誰よりも自分自身が自分のことを信頼し、自分ならできると考える社会です。 自己肯定感というのはどうすれば伸ばしていくことができるのでしょう?日本人は世界的に見て非常に自己肯定感が低いと言われています。それは日本の教育に…

続きを読む

2019年11月26日

不言実行と有言実行

不言実行も有言実行もどちらも目標に向けて努力を続ける姿は素晴らしいものだと言えます。皆さんはあえて言うならどちらのタイプでしょうか?あるいはどちらをよりかっこいいと思うでしょうか? もともとの言葉としては「不言実行」という言葉があり、それをもじって「有言実行」という言葉が生まれたというのはご存知ですか?なんか逆のイメージもありますが、実は…

続きを読む

2019年11月25日

鳴かぬなら

戦国時代の3人の英雄、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の人格を表現するものとして「ホトトギス」を詠んだ句が有名です。皆さんも一度ぐらい耳にしたことがあるでしょう。 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」織田信長を現した句です。乱暴に聞こえますが、状況を打破する突破力というか、強引にでも道を切り開いていく推進力は織田信長のそれをよくあらわしている…

続きを読む

2019年11月24日

長所伸展

長所伸展とは船井総研の創業者である船井幸雄氏が提唱した企業経営の戦略の一つです。人の成長を促すのは短所是正ではなく長所伸展、つまり不得意なことをなくすよりも、得意なことを伸ばした方がよい。それは企業も同じで、短所を指摘して改善させることもより長所をほめて、さらに伸ばした方がより利益をあげていくようになるという手法です。実際にこの経営方針に…

続きを読む

2019年11月23日

与えることだけ考える

エージェントゲートのM取締役は管理部門の責任者で経理、総務から人事などエージェントゲートのバックオフィスをすべて取りまとめ、しきっています。 しかし、もともとは緑川と同じ会社の非常に優秀な営業マンだったことはあまり知られていません。緑川と出会い、営業では彼に勝てるはずがないということで、管理部門の責任者を担当しています。彼の社内勉強会に何…

続きを読む

2019年11月21日

三十六計逃げるにしかず

孫氏の兵法と同じ究明な兵法書に「三十六計」という兵法書があります。孫氏の兵法よりも広く庶民の中に取り込まれ、いまでも使われているものといえるのではないでしょうか?「三十六計逃げるにしかず」の語源となった書物です。 言葉の通り36通りの戦い方が書かれているのですが。中には女性のスパイを使うとか、馬鹿なふりをするとかちょっと変わったものもあり…

続きを読む

2019年11月20日

限界を壊す

先日、久しぶりに代表の緑川とお酒を飲む機会がありました。やはり彼と飲むのは非常に楽しく、これからの夢やビジョンを語り合うことができました。また、彼と話をしているとすごくいい刺激になるのは私の限界という壁を壊してくれるというところです。 以前にも何度も記事を書きましたが、限界を作り決めるのは他ならぬ自分自身です。こんなことは出来っこない、こ…

続きを読む