長所伸展

長所伸展とは船井総研の創業者である船井幸雄氏が提唱した企業経営の戦略の一つです。人の成長を促すのは短所是正ではなく長所伸展、つまり不得意なことをなくすよりも、得意なことを伸ばした方がよい。それは企業も同じで、短所を指摘して改善させることもより長所をほめて、さらに伸ばした方がより利益をあげていくようになるという手法です。実際にこの経営方針により、当時の船井総研は数年で売り上げ/利益を数倍に伸ばすことに成功しています。

○○○○○○〇○○C○○○○○○〇○○

〇が並んでいるところにCという文字が一つだけあるとどうでしょう?なんとなく「C」という文字に目が行ってしまいます。人の短所に目が行くというのは同じようなものです。しかし、実際には多くの丸があり、丸に注目していればCという文字は見えなく(気にならなく)なっていくものです。長所を伸ばせば必ず短所は見えなくなっていくと信じましょう。

先日、赤ちゃんをどういう存在だととらえるかという話を耳にしました。赤ちゃんを「未成熟な何も一人ではできない存在」ととらえるのか「無限の可能性がある存在」ととらえるのかで、その子の成長が大きく変化するそうです。会社の部下も同じではないでしょうか?上司である自分と比較して、あれができない、これができない、なぜもっとこうできないんだ、自分だったらもっとうまくできるのにと考えるのは赤ちゃんに対して「一人でご飯も食べれないのか、自分は一人でご飯も食べれるし、走ったり飛んだりもできるぞ」と自慢しているようなものです。滑稽ですね・・・

新人さんや部下に対して、その存在を「無限の可能性を秘めた人財」と考えて、その長所に目を向けて伸ばしていく。そういう上司でありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年12月1日

仕事を楽しむ

皆さんは今の仕事を楽しいと感じているでしょうか?人生の中で仕事をする時間はかなりの割合を占めています。その時間がつらいもので、毎日会社に行くのが苦痛だとするのなら・・・これほどぞっとすることはありません。 おかげさまで私の場合は周囲の協力を得て、本当に自分の好きな仕事をさせてもらっているので、毎日が非常に楽しく働けています。実は学生の頃「…

続きを読む

2019年11月29日

自己肯定感

エージェントゲートが目指している「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」とは働く一人一人が自己肯定感を持ち、まず誰よりも自分自身が自分のことを信頼し、自分ならできると考える社会です。 自己肯定感というのはどうすれば伸ばしていくことができるのでしょう?日本人は世界的に見て非常に自己肯定感が低いと言われています。それは日本の教育に…

続きを読む

2019年11月2日

強みを活かす

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」です。個性を発揮するということはつまり、その人の強みを活かして働くという意味でもあります。 その人の強みを活かして働くので、当然成果も出ますし、成果が出るので周囲からも必要とされ感謝されます。そういう社会を実現したいのです。「働き方改革」が叫ばれ、生産性の向…

続きを読む

2019年10月10日

真実を見る

人は見たもの、見たことを真実だと認識し信じるようにできています。UFOもおばけも見ることができれば信じることができるが、見るまでは真実だと認識することは非常に難しいと言えます。 しかし・・・見たものが本当に真実なのかというとそれはまた別問題です。人間には自分の信じようとするものを見るという癖があります。客観的に見ているようで、実は自分が信…

続きを読む