思い付きを形にできる

エージェントゲートは13期目で250人の会社です。もう、創業のころのベンチャー感とは違ってきてしまいましたが、いまでもなおその良さを残している部分が多くあると思っています。

その一つが「社員が思いついたことを形にできる」という社風です。厳しい言い方をすれば、社員の思い付きなんてそうそううまくいくものではありません。市場を調査し、企画書にさせその企画書をチェックする仕組みがあって・・・というやり方が確立しているのなら失敗はないのかもしれません。しかし、新しいアイデアが生まれてくることもないでしょう。そう、「失敗を避ける」を突き詰めることは「アイデアを生み出す」ことをなくさせてしまうのです。

そういう意味でエージェントゲートは失敗を許容する環境があります。むしろ、新しいアイデアを考え出し、それに挑戦することを評価する環境があります。問題なのは何も挑戦しないことと、失敗したとたんに責任を他に転嫁することです。私たちは新しいアイデアが成功するために必要なものは、これだという素晴らしいアイデアを時間をかけて考え出すよりも、思いついたものをどんどん形にしてその中から失敗するものもあるが、うまくいくものも出てくるだろうというように考えることだと信じているのです。

全部が全部うまくいくことなんてありえない。でも、打席に立たなければヒットすら打つこともない。だから会社としては打席に立ちやすい環境を整えていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年8月16日

誰が一番かっこいいか

スポーツ観戦をしていて誰が一番かっこよく見えるでしょう?野球で言えばホームランを打った選手、サッカーならゴールを決めた選手、陸上なら一位でゴールしてゴールテープを切った選手でしょうか? もちろんその人たちはヒーローです。かっこいいに決まってます。でも・・その人だけがかっこいいわけではありません。いや、むしろその人よりもかっこよく見える人が…

続きを読む

2019年5月30日

失敗から生まれるものもある

日々の仕事の中で失敗することは山ほどあります。その失敗から学び、成長を繰り返していくのですが・・・そもそもその失敗そのものが実は新しいものを生み出したりもしています。皆さんもいくつかは聞いたことがあるのではないでしょうか? 代表的なものをいくつかご紹介すると・・・例えばポテチとチップス。今やお菓子といえばポテトチップスというぐらい市場に出…

続きを読む

2019年4月28日

できっこないをやらなくちゃ

タイトルはサンボマスターというバンドの有名な歌のタイトルです。ご存知の方も多いでしょう。エージェントゲートではこの歌の通り、それぞれの人には今のスキルではできないことに挑戦してもらいたいと考えています。 なぜ、今の自分にはできないことにあえて挑戦しなくてはいけないのでしょうか?あるいは上司は部下に仕事を任せるときは、部下のスキルならできる…

続きを読む

2019年4月20日

アイデアを生み出す

エージェントゲートでは今までにない新しいクリエイティブで社会を変えていこうとしています。そのようなクリエイティブや企画はどのように生み出すのでしょう?私はチェンジメーカーという肩書で仕事をさせていただいてます。つまり・・今までのやり方とはガラッと違うやり方を生み出すのが仕事です。では、私の脳は人とは違う構造なのでしょうか?(笑 もちろんそ…

続きを読む