ルーティーン

ルーティーンとは「決まりきった仕事」とか「日々の作業」という意味があります。ルーティーンワークとか言われます。あまりいい意味でつかわれないですね。

伝説の日本人メジャーリーガーであるイチロー選手のルーティーンは非常に有名です。彼は打席に立つとき袖を引っ張りながらバットをバックスクリーンに向けるという仕草をします。彼、独特のルーティーンといえます。このような必ず同じ仕草をするアスリートって少なくありません。いま盛り上がっているラグビーでも、4年前に五郎丸選手のルーティーンは話題になり、物真似が流行ったりしました。しかしイチロー選手のルーティーンはそれだけではないことをご存知でしょうか?

イチロー選手は打席の中だけではなく、もう生活そのものが全てルーティーンといっても過言ではありません。例えばご飯は朝昼兼用でカレーライスを食べます(マリナーズに所属していた時代)。毎日です。それは毎日食べるぐらいカレーライスが好き・・・だからではありません。違うものを食べることによって美味しくなかったら気分が下がってしまったり、体調を崩してしまったりする可能性がある。そういった野球に影響を与えるかもしれない不確定要素を排除するために、毎日奥さんの作った同じ味のカレーライスを同じ時間に食べるのです。そう、食事もルーティーンを行っているのです。

そこまで成果を出すことにコミットメントすることはなかなか難しいことですが、成果を上げるためのルーティーンは意識したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年10月17日

執着を捨てる

必死に頑張っているのに結果が出ないことってあります。頑張れば頑張るほどに余計に結果から遠ざかっているようにも感じてしまいます。周囲を見ても自分ほど頑張っている人はいない、でも、結果は周囲の方が出している・・そうなるともう打つ手がないように感じてしまいます。 そんなときは努力の方向(やり方、考え方)が間違っているとしか言えません。しかし、必…

続きを読む

2019年9月5日

どちら側から見るのか

物事には必ず陽の側面と陰の側面があります。エージェントゲートが大事にしているのは物事の陽の側面、サニーサイドに注目することだと以前の記事で書きました(過去記事:サニーサイドに注目する)。 それは表現でも同じです。メジャーリーグのスーパースターイチロー選手は不滅の金字塔である年間最多安打262本を記録した年、打率が.372でした。もうプロ野…

続きを読む

2019年9月1日

好きこそものの上手なれ

「これを知るものはこれを好むものに如かず。これを好むものはこれを楽しむものに如かず」とは孔子の書いた論語の一説です。物事を理解し知っている人はそれを好きな人にはかなわない。物事を好きな人は、それを心から楽しんでいる人にはかなわない。という内容です。 日本語のことわざで言えば「好きこそものの上手慣れ」とでもいい変えられますでしょうか。そもそ…

続きを読む