自立する

学生と社会人の違いの一つに、今まで親の収入や税金で生きてきたのが、働くことによって自分で自立して生きていくようになるということがあげられます。自立にもいろいろな種類がありますが、経済的な自立というのは大きな違いの一つでしょう。

大人になったら「自立する」のは当たり前で、自立してこそ一人前という考え方が世の中にはあります。もちろん、自立の反対を「依存」だとすれば依存状態を長く続けるということは決して良いことではありません。そういう意味では、社会人になっても最初は会社に依存している状態なわけで、いち早く自立した社員となり貢献できるようになる必要があります。しかし、自立って言葉で言うほど簡単なことではありません。本人はそのつもりでも自立できてない状態はよくあるのです。

そもそも自立を目指すには完ぺきな依存がないとできないと聞いたことがあります。例えば、子供が自立するためにいろいろなことに挑戦したり失敗したりできるのは、何があってもそれを受け止めてくれる「親」という依存先があるからこそだというのです。確かにその通りでしょう。同じように自立した社員を育成したいと考えるのであれば、企業は完全なる依存をまずは受け入れる必要があると私は考えています。

つまり、何があっても社員の味方でいる。失敗しても責任は私たちがとるから安心して挑戦してほしい。そのようなメッセージを発信することができてこそ、将来の自立した社員を育成できると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年10月14日

ぐぐる

「ぐぐる」はもう当たり前のように世の中で通用する言葉になりました。googleを使って検索することだけでなく、パソコンを使って調べものすること全般をもはやぐぐると呼ぶような気がします。 検索サイトの最大の魅力はネット上にある答えを簡単に探すことができるということでしょう。わからないことがあれば、ぐぐってみれば正解の候補がずらっと出てきます…

続きを読む

2019年10月5日

かつてない困難からはかつてない革新が生まれ、かつてない革新からはかつてない飛躍が生まれる

タイトルは経営の神様である松下幸之助さんの言葉です。人間はどんな時に成長するのかを考えさせられることだと私は感じます。 生きていれば、仕事でもプライベートでもいろいろな課題やトラブルが起こります。かつてない困難というぐらいですから、それはもう「もうだめだ」「これ以上最悪な状態はない」とうぐらいのことでしょう。でも、そういう状況こそがまさに…

続きを読む

2019年9月18日

挑戦と失敗

AIやRPAという言葉が毎日のように新聞で取り上げられるようになってきました。人間の仕事は今後10年から20年でロボットに半分ぐらいは置き換わるだろうと言われています。自動運転などの技術もどんどん進んでいますので、確かにそんな日がやってきても不思議はありません。 そんな時代がやってきたら、人間はロボットにできないことをやっていくしかありま…

続きを読む

2019年8月4日

思い付きを形にできる

エージェントゲートは13期目で250人の会社です。もう、創業のころのベンチャー感とは違ってきてしまいましたが、いまでもなおその良さを残している部分が多くあると思っています。 その一つが「社員が思いついたことを形にできる」という社風です。厳しい言い方をすれば、社員の思い付きなんてそうそううまくいくものではありません。市場を調査し、企画書にさ…

続きを読む