妬み嫉みをなくしたい

エージェントゲートはダイバシティーを促進する会社です。それぞれの個性を磨き、いつか世界中の人がそれぞれの個性を活かした仕事をして輝いて働いてほしいです。それぞれが個性を活かせるとどんなことが起こるでしょう?

人間の気持ちの中に「嫉妬」というものがあります。自分にはできないことを相手はできる。自分は持っていないものを相手は持っている。人間は人と比較しながら自分の位置を把握していくという特性を持っているので、本能的に周囲と自分を比べます。理想論としては「人と比べる必要はない自分は自分だから」とは言われるものの、いうのは簡単ですが、そんなに簡単にできることではありません。

そんな比較をしたときに「あぁーすごいな彼は(彼女は)、でも、私には逆にこんなすごいことができる」つまり、相手の素晴らしいところも認めた上で、自分の能力も認めることができるという状況を生み出せるのは、ダイバシティーしかないと考えています。私たちが世界に先駆けて、ダイバシティーを実現し。社員全員が互いの個性を認め合い、引き出し合うことで妬みや嫉みをなくしたいと考えています。

事実、代表の緑川は私の存在を個性として認めてくれています。私だけでなく、その人にしかできないことで会社に貢献できるメンバーはまだまだいます。その個性を発揮して最大限会社に貢献できるように私も全力で支援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年10月19日

Hair we go

エージェントゲートのビジョンは「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」 だということは、これまでにも何度もこのブログで紹介してきました。それは会社として多様性をできるだけ認め、社会に広げていきたいという思いの表れでもあります。 「Hair we go」とはP&Gさん(パンテーン)が行っているキャンペーンの名称です。「さあ、い…

続きを読む

2019年9月30日

経営アスリート

エージェントゲートの代表緑川は誰と話しているときでも食事の時でもゴルフをしていても車で移動しているときも自宅でテレビを見ているときもとにかくビジネスのことを考えています。これだけビジネスのことを考えていれば、それはチャンスを逃さないだろうと感心させられます。まさにビジネスアスリートです。 以前、武井壮さんの講演でこういう話を聞いたことがあ…

続きを読む

2019年9月13日

私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。 タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度…

続きを読む

2019年9月12日

ひとつぼし

「ひとつぼし」とは菊田真理子さんという方の書いた絵本のタイトルです。絵本って実は内容的にはいろいろはっとさせられることが多く、大人が読んでも学びになることがあります。 この作品は・・絵を書くことだったり、運動だったり、歌うことだったり、踊ることだったり、どんな子にも一つは必ずある性格や個性のことを、きらきら輝く『ひとつぼし』と表現していま…

続きを読む