妬み嫉みをなくしたい

エージェントゲートはダイバシティーを促進する会社です。それぞれの個性を磨き、いつか世界中の人がそれぞれの個性を活かした仕事をして輝いて働いてほしいです。それぞれが個性を活かせるとどんなことが起こるでしょう?

人間の気持ちの中に「嫉妬」というものがあります。自分にはできないことを相手はできる。自分は持っていないものを相手は持っている。人間は人と比較しながら自分の位置を把握していくという特性を持っているので、本能的に周囲と自分を比べます。理想論としては「人と比べる必要はない自分は自分だから」とは言われるものの、いうのは簡単ですが、そんなに簡単にできることではありません。

そんな比較をしたときに「あぁーすごいな彼は(彼女は)、でも、私には逆にこんなすごいことができる」つまり、相手の素晴らしいところも認めた上で、自分の能力も認めることができるという状況を生み出せるのは、ダイバシティーしかないと考えています。私たちが世界に先駆けて、ダイバシティーを実現し。社員全員が互いの個性を認め合い、引き出し合うことで妬みや嫉みをなくしたいと考えています。

事実、代表の緑川は私の存在を個性として認めてくれています。私だけでなく、その人にしかできないことで会社に貢献できるメンバーはまだまだいます。その個性を発揮して最大限会社に貢献できるように私も全力で支援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年7月15日

個性とは

エージェントゲートのビジョンはもう何度も書いてますが「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する 」です。では、個性とは何でしょう?ほかの言い方だとあなたらしさとは何でしょう? あなたの個性ってなんですか?と聞かれて、私の個性はこういうところです・・と胸を張って言う人ってあまり多くないかもしれません。日本は個性を伸ばす教育を推奨して…

続きを読む

2019年7月10日

負けず嫌い

エージェントゲートのタレントマネージメント事業部には前期のMVSを受賞した2年目の営業でTさんという女性がいます。 彼女は自他ともに認める「負けず嫌い」です。負けず嫌いの性格の人は達成したい目標をしっかり持っていて、誰よりもそこに向けて努力を惜しまない人です。しかも、Tさんの場合は他人との競争に勝つというよりも過去の自分に負けたくないとい…

続きを読む

2019年6月17日

多様性のジレンマ

エージェントゲートのビジョンは何度も書いてきましたが「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」ことです。つまるところ、多様性を推奨しています。いろいろな人が存在する社会を是として、それでこそイノベーティブな社会になると言っているのです。しかし、これは一方で多様性を認めない人の考えも認めるということになります。 先日、面談の場であ…

続きを読む

2019年6月8日

youtuber

もはや時代を代表する職業になりつつあるyoutuberですが、現在子供たちのなりたい職業ランキングで第3位です。私もビジネスをしていてyoutuberさんにお会いすることが時々あります。なぜ、この職業はここまで子供たちに人気なのでしょう? 億単位のお金を稼げるから?といってもそんなことができるのはごく一部の方々です。それももちろん魅力の一…

続きを読む