負けず嫌い

エージェントゲートのタレントマネージメント事業部には前期のMVSを受賞した2年目の営業でTさんという女性がいます。

彼女は自他ともに認める「負けず嫌い」です。負けず嫌いの性格の人は達成したい目標をしっかり持っていて、誰よりもそこに向けて努力を惜しまない人です。しかも、Tさんの場合は他人との競争に勝つというよりも過去の自分に負けたくないというタイプでエネルギッシュに困難に立ち向かう姿は、負けず嫌いの嫌な一面は全くなく、周囲にポジティブな印象を与えます。私ももちろんその一人で、まだまだできると自分に言い聞かせることの原動力になってます。

先日の「みんな天才」という記事で書かせていただいた教育方針で、子供たちのやる気を引き出す方法の一つは、「正しく競争させる」というものでした。現在の教育は子供の個性を引き出し、それぞれのよい部分を伸ばしていくというものです。これについては私やエージェントゲートが考える「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する 」ということと似ています。しかし、その教育が競争の原理を阻害することもあるのでしょう。

少なくともTさんの「負けず嫌い」は彼女の輝く長所です。その長所をこれからも活かして活躍してくれることを願っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年10月19日

Hair we go

エージェントゲートのビジョンは「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」 だということは、これまでにも何度もこのブログで紹介してきました。それは会社として多様性をできるだけ認め、社会に広げていきたいという思いの表れでもあります。 「Hair we go」とはP&Gさん(パンテーン)が行っているキャンペーンの名称です。「さあ、い…

続きを読む

2019年10月10日

真実を見る

人は見たもの、見たことを真実だと認識し信じるようにできています。UFOもおばけも見ることができれば信じることができるが、見るまでは真実だと認識することは非常に難しいと言えます。 しかし・・・見たものが本当に真実なのかというとそれはまた別問題です。人間には自分の信じようとするものを見るという癖があります。客観的に見ているようで、実は自分が信…

続きを読む

2019年10月2日

部下育成

私は「人間には基本的に成長したいという本能があり、その成長を信じ、自ら率先して仕事が楽しいことだと教えてあげること」が教育/育成だと考えています。が、タレントマネージメント事業部のH部長の教育の仕方をみていて、なるほどそういう方法もあるのだと日々感心させられます。 H部長は自らが「凡事徹底」当たり前のことを当たり前にやることを大切にしてい…

続きを読む

2019年9月13日

私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。 タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度…

続きを読む