タグ: ポジティブ

2019年10月15日 スピリッツ

成長の4つの段階

以前セミナーで物事ができるようになるのは4つの段階があると聞いたことがあります。この考え方には二つの軸があります。一つ目の軸は「意識」、二つ目の軸が「能力」です。 まず第一歩は「無意識/無能」という段階です。つまり、知らないしできないという段階です。知りもしないのだからもちろんできるはずもありません。その次の段階が「有意識/無能」という段…

続きを読む

2019年9月5日 スピリッツ

どちら側から見るのか

物事には必ず陽の側面と陰の側面があります。エージェントゲートが大事にしているのは物事の陽の側面、サニーサイドに注目することだと以前の記事で書きました(過去記事:サニーサイドに注目する)。 それは表現でも同じです。メジャーリーグのスーパースターイチロー選手は不滅の金字塔である年間最多安打262本を記録した年、打率が.372でした。もうプロ野…

続きを読む

2019年8月3日 スピリッツ

運のよい人

世の中には「運がよい人」「運が悪い人」という人が存在します。本当にこの世の中には「運」というものはあるのでしょうか?そんな実験のレポートを読んだことがあります。 実験では私は運がよいという人100名と私は運が悪いという人100名が集められ、全く同じ金額のお金を渡します。で、カジノで決められた時間好きに遊んでもらうのです。何時間かたったとき…

続きを読む

2019年7月31日 スピリッツ

胸を張る

仕事をしていればつらい時期、結果がなかなか出ない時期が誰にでもあります。そんなときは誰でもうつむき気味になり、背中が丸まってしまうものです。 でも、その姿勢が余計に成果から遠ざけるという事実をご存知でしょうか?そう・・笑顔と同じです。笑う門には福来る、いいことがあるから笑顔になるのではなく、笑顔だからいいことが起こるのと同じです。笑顔でい…

続きを読む

2019年7月14日 スピリッツ

誕生日

昨日は私事ですが48回目の誕生日で、会社の皆にお祝いしていただきました。みんな忙しい中集まってくれて、忙しい中プレゼントを探してくれて本当に感謝しています。 実は私の母は10年以上前の私の誕生日に(厳密にいえば・・・私の誕生日の翌日0:03に)亡くなりました。誕生日当日の23:00過ぎに危篤状態だと連絡があり、すぐに病院に向かい、何とか延…

続きを読む

2019年5月24日 スピリッツ

素直さ

6月からエージェントゲートに入社してくるHくんは実は一年前にエージェントゲートを退職して、外の世界を一年間見てきた、出戻り入社のメンバーです。私たちは過去退職したメンバーの再入社を歓迎します。外の世界を見た上で、再度エージェントゲートがよいと考えてくれるのなら、それほど心強いことはないからです。Hくんにも非常に期待しています。 Hくんは・…

続きを読む

2019年5月3日 スピリッツ

自分の人生は自分が創る

エージェントゲートのビジョンが「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」だということは何度も書かせていただいています。私たちのビジョンはそうではありますが、一人一人の人生のシナリオを書くのはエージェントゲートの仕事ではありません。私たちはあくまでも皆さんが自由なシナリオを書けるような環境を作り出すことです。そう、自分の人生は自分…

続きを読む

2019年4月4日 スピリッツ

ポジティブに変換する

エージェントゲートはできるだけ物事をポジティブに変換できないかと日々考えています。人間は強制されると無意識のうちにその行動を嫌がる傾向があります。それはそうでしょう、こうしろと言われればちょっと抵抗があるものです。 強制するのではなく、思わずそうしたくなるように設計することで人の行動を変容させることができるはずです。例えば有名なのはたばこ…

続きを読む

2019年3月25日 スピリッツ

学ぶこと

日本人は6歳から15歳は義務教育で、さらにその後22歳までは高等教育で学ぶことが多いです。つまり約15年間ずっと学び続けます。その反動なのか・・社会人になって急に学ぶことをやめてしまう人が多いのではないでしょうか?学生の頃は学校で決められている科目をある程度は強制的に学んできまましたよね?社会人になってからこそ、自分の学びたいことを学びた…

続きを読む

2019年3月21日 スピリッツ

第三の道

私は坂本龍馬が大好きです。もちろん、勝海舟も高杉晋作も西郷隆盛も好きですが・・・坂本龍馬の好きなところはやはり発想が大胆で常に第三の道を探しているところでしょうか。 人はどうしてもわかりやすい二元論に陥りがちです。やるのかやらないのか、善なのか悪なのか、好きなのか嫌いなのか。そんなに物事きれいにどちらといえることばかりではありません。選択…

続きを読む