タグ: ダイバシティ

2019年10月19日 スピリッツ

Hair we go

エージェントゲートのビジョンは「 一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」 だということは、これまでにも何度もこのブログで紹介してきました。それは会社として多様性をできるだけ認め、社会に広げていきたいという思いの表れでもあります。 「Hair we go」とはP&Gさん(パンテーン)が行っているキャンペーンの名称です。「さあ、い…

続きを読む

2019年10月18日 スピリッツ

いろいろな顔

「裏表がある」とか「裏表がない」とか「表の顔」「裏の顔」という言葉があります。そう、人間には当たり前ですがいろいろな側面があるのです。人は神様ではありません、どんなにやさしい人でもイライラすることがあれば、ものすごく仕事のできる人だってちょっとおっちょこちょいな側面を持っています。 先日、エージェントゲート代表の緑川とたまたま出張で新幹線…

続きを読む

2019年9月13日 スピリッツ

私と小鳥と鈴と

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」であることは今までも何度も記事にさせていただいてきました。そのビジョン実現のためにいろいろな事業や制度が設計されています。 タイトルは金子みすゞさんの作られた有名な詩です。何かのCMでも使われていた気がします。あまり全文を読む機会がないかもしれないので、一度…

続きを読む

2019年5月22日 スピリッツ

違いを受け入れる

ロサンゼルスで一番多い飲食店はメキシカンです。なんか不思議な感じしますよね・・・でも、実はアメリカって実際に住んでいる純潔のアメリカ人ってほぼいなかったりします。東京に江戸っ子ってどれほどいるんだという話と近いのかもしれません。参考までにアメリカで両親が生まれて、自分自身もアメリカで生まれた純潔なアメリカ人は12.8%しかいません。それだ…

続きを読む

2019年4月10日 スピリッツ

1/4の奇跡

先日ある本をお借りする機会がありました。あまりの面白さに一瞬で読みきってしまったのですが、その中に遺伝子をテーマにしたお話が書かれていました。 ある時アフリカのある村でマラリアが大発生して村中の人たちが次々と死んで行ってしまいます。しかし、絶滅はしませんでした。不思議に思ったドクターは生き残った村人の血液を検査してみました。すると・・・あ…

続きを読む

2019年4月9日 スピリッツ

バリアバリューとタレントマネージメント

障がい福祉の言葉で「バリアフリー」と言う言葉があります。皆さんもバリアフリーという言葉を一度は耳にされたことがあると思います。バリアフリーとは障がい者や高齢者のような社会生活弱者が社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障がいや精神的な障壁を取り除くための施策をいいます。 要するにバリア(社会から不便を)をなくすという話ですね。この…

続きを読む

2019年4月8日 スピリッツ

普通という呪縛

エージェントゲートの緑川や仲間に心から感謝することの一つに「私に対して普通を求めてこない」ということがあります。お前はお前でよいのだと日々の業務の中で常に言ってもらっていることがどれほど心の開放につながっていることか、本当に感謝してもしきれません。 正直なところ私は世の中でいう普通とはかなり縁がありません。髪の毛の半分はブルーで通年で短パ…

続きを読む

2019年3月20日 スピリッツ

LGBT

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」です。もうそろそろ耳にタコができてきている頃ですかね・・これからも何度も言い続けますけど。 さて、その人の個性の一つにセクシャリティーがあります。ダイバシティーでは第一属性といわれる年齢や国籍、人種といったものの中の一つでその人を特徴づける極めて重要な要素で…

続きを読む

2019年3月9日 スピリッツ

多様性の実現には

エージェントゲートは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」というビジョンを掲げています。つまり、多様性な社会を目標にしていることは以前お話しました。多様性な社会も一概に素晴らしい社会だとは言えません。 多様性には第一属性といわれる「年齢、性別、人種、障碍、LGBT」などの属性と、第二属性といわれる「雇用形態、婚姻状況、嗜好、…

続きを読む

2019年1月11日 スピリッツ

相互尊敬

エージェントゲートではそれぞれが個性を発揮し輝ける社会の実現を目指しています。それが私たちの「タレントマネジメント事業」の本質です。つまりダイバシティの実現を目指しているわけですが・・・実現の土台となるのが相互尊敬だと考えています。 多様性って聞こえはよいですが、組織としてはなかなか難しい問題です。いろいろな人材がいれば、それだけ意見の集…

続きを読む